スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月21日 マドンナ東京最終公演

マドンナ
09 /23 2006
グッズ


ついに・・・


ついに・・・


ついにこの日がきました!!


Madonna Confessions Tour 2006 の東京公演!



5月にツアーのアナウンスが流れて以来、ずっと待ちつづけていた待望の来日公演。

チケットが取れて、まるで夢のような気分だったのもついこの間の話。

21日、東京ドームで行われたコンサートに行ってきましたよ。

この日は最終公演だったんです。

実に13年ぶりの来日公演とあって、マスコミにも注目されていましたが、

何よりファンの喜びは言い尽くせぬほどでした。

私も8年間ファンやっててよかったなあ~なんて思いましたよ。笑


実はKazuccine、東京に行ったことはほとんどないんです。

小学生の時に最後に行ったぐらいで、「東京」というだけで

何だか尻込みしてしまうほどの臆病田舎者。

東京に一人で行くってこと自体もうドキドキでした。


お昼に着いてからは、憧れの(?)新宿2丁目にも行ってみたのですが、

いくら2丁目といっても真昼間。ゲイの聖地って雰囲気は全くありませんでした。

まあ、当然ですよね。苦笑


何とか地下鉄を乗り継いで、後楽園の東京ドームに着いたんですが、

東京ドーム


初めての東京ドームなのに、特に感動もせず

それよりマドンナのコンサートグッズの店やら、マドンナのTシャツを着た人たちを見て、

ああ、これから本当に始まるんだ!という期待感で胸が一杯でした。


私は1階のスタンド席だったんですが、

開演直前


これでも1万4千円したんですよ。

アリーナ席のお客さんは全て5万円のチケットです。

最前列の方などは、オークション席なのでべらぼうに高いです。

友達は20万円で落札したんですよ。


海外アーティストのチケットは高い傾向にあるようですが、

マドンナはその中でも特に高い部類に入るらしいです。


ところで・・・


会場にはこれでもかってぐらいゲイが多い!!


私の席の近くにもオネエ言葉のゲイがうようよ。

集団でオネエでキャーキャー騒いでるもんだから、田舎者のKazuccineは

ひたすら圧倒されるばかりでした。

こんなにゲイだらけの場面は、私自身初めてで何だかクラクラ。笑

カッコいい人もいたんだけど、もちろん私には目もくれるわけがなく(くっそ~!)

叶姉妹が会場に現れたら、

「おっぱーいっ!!」「にせもーん!!」

と、罵声だか歓声だかわからない声をあげていました。

ちなみに会場には押切もえさんや、飯島愛さん、TRFのみなさんも来てたみたいです。


そんなオネエゲイの皆さんに呆然としつつ、

ゲイ丸出しにしやがって!私は違うからね・・・などと心に誓っていました。

後に、その誓いは見事に崩れ去るのでありましたが。


さて、開演時間になってもまだ始まる気配はありません。

大体遅れて始まるのがマドンナのコンサートなのですが、

1時間たっても始まらないので、何だか不穏な雰囲気が会場に漂います。

(ちなみにニューヨークでは2時間遅れたそうです。後から知りました。)


今か、今かと待ちわびている中、

会場の照明がぱっと消えました・・・・


続きは次回










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

TBありがとう

どうも。
トラックバックありがとうございます。
そう、私も会場で「多いな~、ゲイ」と思ってました。でもなんとなくわかるような気がする。マドンナがゲイにも愛される理由。
それにしてもいいコンサートでしたね。

このブログ、ちらっと拝見しましたが、あなたの感性とても好きです。
若いのに、こういう感性の方がいるんだなと思うと、なんだか嬉しくなりました。
(・・・って思いっきりおばちゃんだよね、この感想)

ガミガミ横丁さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
最高に素晴らしいコンサートでしたね!
マドンナがゲイに愛される理由、色々あると思うんですが
集約すると美しさと強さだと思うんです。

感性ほめていただいてうれしいです。
私もおばちゃんな感性なんですが。苦笑

コメントいただきましてありがとう!
リンクの件、どうぞどうぞ。
私のほうにはリンク機能がないようなので、物理的に無理ですが、お気に入りに入れますわ!

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。