スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっこよく生きたい

雑記
09 /15 2006
clothes


街の洋服屋さんには秋物の服が陳列されている。

どれもこれもカッコいい服ばかり。

でも、今年の私には縁のないものだ。

買いたくてもお金がないから。


塾のアルバイトだけでは到底やっていけない。

でも掛け持ちのバイトがなかなか見つからない。

稼ぎがなくても、支払いは容赦なくやってくる。

新しい服なんて買ってる余裕ないんだよ。

そんなことより、しなきゃいけないことがたくさんあるんだ。


昨年の今ごろは

「あと数年でこういう服も卒業かな。」

そんなことを思ってたメーカーの服だって、

今はまったく手が出ない。


かっこ悪い。


流行おくれの服を着るのがかっこ悪いんじゃない。

買えない自分がかっこ悪いんだ。

買えるだけの稼ぎのない自分がかっこ悪いんだ。


「あのさあ、そうじゃないだろ?」


落ち込んでいる私に、何者かが声をかけてきた。


「買えるだけの経済力がないとか…、定職に就いてないとかさ…

それが本当に“かっこ悪い”って思ってるわけ?」



かっこ悪いよ・・・。今の私は。

ってか誰?ほっといてよ!


「今の君がかっこ悪いのはね、シャツ一枚買えるか買えないかで、

お財布に余裕があるかないかで、人の価値を決めてるからだよ。

君はそうやって自分を見下しているように、人のことも見下しているんだ。

お金の有無や肩書きで人を判断する、君の醜さがかっこ悪いのさ。」



おせっかいめ。

そう呟いた瞬間、おせっかいの声は聞こえなくなった。

それは私の心の中から聞こえてきた声だった。


見てくれでも、経済力でも、肩書きでもない。

そんなものがなくったって、胸をはって生きていけるような。

そんな自信が、欲しい。












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ゲイ先生は縞柄って好きなんですか。
縞柄って細く見えるんですってね。
私はお洒落にお金を賭けない主義で、女であって
失格かもしれません。お金を掛ける人は凄く
かけるし、毎日着てくる洋服までが違います。
これだけ掛けなくても、お洒落は出来るような気がします。

私も同じようなこと考えてました。

最近ちょっと涼しくなって、秋物の服を引っぱり出していて
「あ~。しばらく服買ってないな。新しいの欲しい」
って思ったけど・・・

仕事辞めて学校に通い始めて、早3ヶ月。
蓄えもだんだん少なくなってきました。
学校の授業も今月でおしまい。
早く仕事が決まればいいけど・・・
決まらなかったら、無収入のまま。
服を買うことも出来ないし、コンサートにも行けないし。

こうなったのも全て自分の責任。
今まですべて自分で考えて、自分で決めて生きて来たんだし。
世の中を恨むのは、筋違いってもんだよね。

認めて、受け止めて、受け入れる。

こんにちは。
随分前から拝見させて貰っていたのですが、
なかなかタイミングが合わず、
初めてのコメントになります。

ご存じかとは思いますが、
とんすけさんの所から参りました。chie です。

私もね、似たような経験がありました。
それは今回の kazucchine さんとまったく同じ理由と、
もう一つ。私がぶつかったのは言葉でした。

日本人は、言葉に対するコンプレックスを持つ人が、
とても多いと思うのです。
街で話しかけられても相手にもしない。
多少であれば話せるのに口には出さない。

去年、仕事の都合で中国へ行く機会がありました。
その時私は、現地のホテルの人に、
中国語を教えて貰ってりしてたんです。
彼と二人の時は、拙い中国語で必死に会話してた。
英語だって英会話なんてとても言えるレベルじゃないけど、
片言の英語と片言の中国語。
でも、コミュニケーションしようとできてたんです。

でも、仕事での集まりの場で、
私はその、せっかく習った中国語ですら、
口に出すことが出来なかった。
その場は、日本語を話せる中国人の人。
英語も中国語も話せる日本人の人。
当然のように多言語を操る人達の中で、
自分のこの拙い中国語や英語を口に出すす事が、
『みっともない』と、思ってしまったんです。
そしてそう思った自分が情けなくて、
さらに喋る事が出来なくなってしまいました。

自信が欲しい。
恥ずかしいと思わずに済むぐらいに。
その為に出来る事て何だろう。
恥ずかしいと思ってしまう気持ちそのものを、
変える事は容易じゃない。
根本から自分を変えなければならないから、
それは今すぐには出来ない。
勿論いずれはそうなれたらという気持ちは、
常に持ち続けています。
でも、今できる事は何だろう。

私はそれから中国語と英語を覚えようと、
胸を張って自分の口で会話が出来るようになろうとしています。
まだまだ全然出来て無いんですけどねっ
でも、そうする事で、『みっともない』と思った事を悔やんだ気持ちだけは、
少しだけ軽くする事が出来ました。

そんな事言ったって、仕事なんてそんなにすぐに見つからないよ!
って、感じですよね。
現実はそう簡単な物じゃないかもしれません。
でも、出来る事からやる事で、
そう思ってしまった自分を許す事から始めるのも、
悪く無いと思うんです。

自分の根っこを変えるのは、とても苦しくて難しい事だけど、
日々を前向きに過ごす為に出来る事から。
それも大切なんじゃないかな。そう、思います。

kazucchine さんに、そんなきっかけが、
早く巡ってきてくれる事を祈ってます。

初めてのコメントでいきなり長々と失礼しました…。
どうも、簡潔に文章を纏めるのが下手で。。とほほ。

Miyokoさんへ

ストライプは好きですよ。
確かに細く見えるというのもありますが、
大人っぽい印象もありますね。
花柄なども好きです。
お金をかければおしゃれということもないと思いますよ。

kameさんへ

同じく・・・不安定な立場ですねv-12
次の仕事がはやく決まることをお祈りします。
私は潔く仕事をやめられたkameさん、すごいと思いますよ。
色々勇気付けられたりしたんです。実はv-218
来年の4月にはお互い笑っていたいものですv-237

chieさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます!
おっと、はじめましてといいつつ、実は私も何度か
chieさんのところを訪問させていただいたのですが・・・。

出来ることから、やれることからやっていかなきゃなって思います。
色々考えて見て、こういうことを思ったりするのも
自分が一生懸命やっていないからだなって思ったんですよ。
今の自分に出来る精一杯のことをしていたら、こんなこと思わないだろうなって。
だから、出来る限りのことをしたい、そう思います。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。