「言い訳」と「理由」

雑記
09 /14 2006
「言い訳とね、理由って違うんだよ。」

生徒の一人に言った言葉。

宿題をしなかったり、遅刻をしたりすると必ず言い訳をする子がいる。

もともと私も言い訳がましいところがあるので、

「だって」「けど」、この二語は出来るだけ使わないようにしている。

自分で何とか出来ることを、さも正当な理由とばかりに主張するのは

見苦しいし、そんな自分は好きになれないと思う。

まあ、思春期の子供たちは仕方ないのだろうけど。

一人の友人を泣かせてしまった。

同じ年に大学に入ったけど、彼女はまだ大学生。

卒業できる見込みは、当分ないと思う。


「今年こそは」って言ってたのにな。

前期に2単位しか取得していない結果は、

彼女のその言葉が真意だったか否かを、教えてくれるだろう。



だって・・・

・・・・・・だから学校に行けなくって・・・

私だってしんどかったから・・・

やろうとは思ったんだよ・・・



「それ、私に言ってどうするの?」

突きつけてしまった。

今まで思ってても言わなかった一言。

わかってる、彼女が言い訳をしたい気持ちも。

私にしか言わないであろうことも。


でも、もうだめだ。

言い訳は自己正当化だ。

彼女の「仕方ない」を受け入れていれて、彼女の避難所になることで、

彼女の決断を先送りさせているだけだって気付いたから。


そして、理解することと甘やかすことは違うのだとわかった。


泣きじゃくる彼女に最後に言った。

「もう答えは出てるでしょ?したいことも、するべきことも。」










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

言い訳って一回通っちゃうとクセになるんだよね。。
わたしも思い当たるところがあるから。

それが結果的に自分の首を絞めていることもわからなかった。

さつきへ

同意。本当にそう。

そして、言い訳を聞き入れてくれる人が「いい人」で
勇気を出して叱ってくれる人が「あいつは解ってくれない」

こうなると、もう最悪です。
自戒もこめて、私は彼女に言いました。


言い訳ってのは・・・
「ギリギリまでがんばった人間」の言う事じゃありませんね
「できるのにしなかった人間」のものです
とことんやれば言い訳なんか出てきませんよね
理由は自己分析か又は他の人が勝手に付けてくれます

「言い訳」と「理由」・・・本当の違いは本人にしかわからないでしょう
せめて死ぬときに・・・
「自分の人生の言い訳」だけは言いたくないカズです

カズさんへ

>「できるのにしなかった人間」のものです
本当にそう思います。
あと、本当に切羽詰った状況だと、人間結構やれちゃうんですよね。
何かしら余裕があると、人間だらけちゃうし、言い訳も考えちゃう。
私もカズさんと同じく、自分の人生の言い訳だけはしたくないですね。

言い訳か…

自分では気付いていなくても、知らず知らずのうちにそう言ってしまってるかもしれない
そう思いました
しかも、blogの中では特に
でもさ…って

きっと、誰かの前でそう言ったらKazuccineさんみたいに「違うでしょ」って言われる
それがわかるから言わない
でもblogで言っていたら同じなんだけどね…

彼女はKazuccineさんに言ってもらえて良かったと思うよ
言ってあげるのも優しさだから
どうでもいい相手には言わないもの
学校を卒業するだけが全てじゃない
見つけることができればいいのだけどね…

とんすけさんへ

誰しも、言い訳っぽくなる傾向はあると思うんですよ。
私も同じで、このブログでも結局言い訳みたいなことしてたり。
いつも「言い訳するな」って突き放されるのも淋しいものがあるし、
言い訳でもしないとやってられないこともあります。
あとで、それが「言い訳」なんだって気付けばいいんです。

私が彼女に言ってしまったのは、彼女が言い訳って認識していなかったからです。
学校を卒業するのが全てじゃない。でも卒業することに対して全く努力の気配が見られない。
バイトして寝るだけの生活をおくって、それでも学校を辞める意思もない彼女を見ていると
「いい加減、こりゃやばいぞ。」と思ってしまったんです。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。