スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田有希子さんのこと

雑記
07 /04 2006
このスペースにどんな検索ワードで入ってくる人が多いんだろう?

と、思ってよく調べるのですが、

最近増えた検索ワードが、「岡田有希子」さんに関することでした。

6月8日の「こんな人に会いたい」という記事で

有希子さんのことを取り扱ったからですが、

しかし、「岡田有希子」とともに検索されている言葉は

何ともむごたらしいというか、例の事件のことを調べようとする言葉ばかりでした。

私も記事の中でそういう言葉を使ってしまったのが悪いのですが、

やはり彼女といえば、あの悲しい事件のことばかりに注目されているのでしょうか。

もう少し、彼女の生前の活動に興味を持って欲しいものです。


そういうわけで、私なりに知っている有希子さんのことを書こうと思いました。

リアルタイムで知っている世代でもなく、CDも持っていないのですが

有希子さんの素晴らしさに魅せられつつある人間として、私なりに

彼女の素晴らしさを表現してみたいと思います。


岡田有希子さん、本名佐藤佳代さんは昭和42年8月22日、愛知県一宮市に生れました。

その後名古屋に引っ越し、上京するまでは名古屋に住んでいました。

小さい頃から絵を描くのが得意で、ずば抜けた才能をもっていたようです。

本を読むのが好きな文学少女でもあり、成績もトップクラスでした。

歌手を志したのは中学生の頃だったようで、

中学3年生のときに「スター誕生」の予選に応募し、合格しました。

ところが、いよいよ決戦大会に出場しようとしたところ、

ご両親から猛反対をうけました。

何としてでも出場したい有希子さんは、部屋に閉じこもってハンガーストライキを決行します。

さすがのご両親も折れ、有希子さんにみっつの条件を課し、それをクリアしたら決戦大会に

出場することを許可すると約束されました。その条件とは、

・学校のテストで学年で1番になること。


・中部統一模擬試験で、学内5番以内をとること。


・第一志望校の向陽高校に合格すること。



もともと成績がよかったとはいえ、学年1位の成績はかなり難しい条件ですよね。



ご両親も、無理だと思って課した条件だったようです。





しかし…、彼女は猛勉強の末に、それらを全てクリアしてしまったのです!



まだ幼い少女が、これだけの努力をするというのはよほどの強い意志がなくては無理です。





そして昭和58年3月、「スター誕生」の決戦大会、グランプリへ輝きました。



向陽高校へ入学するも、一学期で退学し上京。



彼女のスターへの道のりが始まりました。





続きは次回へ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

書き込み失礼します

いきなりの書き込み失礼します。
私は残念ながら有希子ちゃんをリアルタイムでしりません。
つい数ヶ月前YouTubeで知り、その可愛さと美しい声と直向きな雰囲気で一気にファンになりました。お母さんが昔有希子ちゃんのファンだったのもあって、半分お金を出してもらってこの間CDも買いました。
当時のことを両親に聞いたりしながらいつもユッコちゃんの歌を聞いています。
ユッコちゃんのことならなんでも知りたいです。
私の学校の友達の中にも私に影響されてか少しずつユッコちゃんのファンが増えてます(*^◯^*)
今後もユッコちゃんに関する書き込みを楽しみにしてます。
長文、失礼いたしました(^ ^)

mayuさんへ

遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
ユッコちゃんの記事にコメントしてくださって本当にうれしいです。若い方がユッコちゃんに興味を持ってくれて感激しています。
最近はiTuneなどでもDL出来ますし、たくさんの人に岡田有希子ちゃんという歌手を知ってほしいですね。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。