こんな人に会いたい

雑記
06 /08 2006
GREEの質問で、こんなのがありました。

それの回答をここに転載します。


実在の人物で、この人には会っておきたい、と思う人はいますか?

何を話ししたいかも合わせて教えてください。


1)マドンナ

 私の中で最高のアイドルであり、女神。

 私の人生観や哲学を形作った人でもある。一度会ってお礼を言いたい。

 カバラの教えを教わりたいものだ。


2)岡田有希子

 物心ついたころには他界してしまったので、

 映像を見ても本当にいた人とは思えないが、確実にいた人。

 もし生きていたらどんな歌を歌いたかったのだろうか。すごく興味がある。


3)天璋院篤姫

 江戸城大奥という閉ざされた世界の中にありながら、

 冷静で適格な判断をいつもくだし、嫁の和宮と対立しながらも大奥をささえてきた女性。

 本当に素晴らしい人であったに違いないと思う。



「会ってみたい」人なので亡くなった方を挙げるのは間違いかな?

とも思ったのですが、この質問をした人も徳川家康などを挙げていたので。


マドンナに関しては言わずもがな。

アメリカの歌手、女優。先日も書いたとおり、私にとっての女神様。

彼女の歌詞や生き方から多くのことを学びました。

彼女の存在があるからこそ、今の私があるといっても過言ではない。

またいつかマドンナ特集でもしてみたいと思います。


岡田有希子さんに関しては、私は彼女が活躍していた頃

まだ幼稚園にも入っていませんでした。

彼女が世を去ったときのことも勿論覚えていませんし、

また後追い自殺の影響などもあって、所属事務所から存在を

長らく封印されていたので、若い世代はほとんど知らないと思います。

しかも、どちらかというと彼女の最期に関する悲惨な

情報ばかりが先行し、あまりいいイメージはなかったんです。

しかし、最近になってようやく彼女の映像がテレビでも流れ始め、

ネットで彼女の映像も見たりするようになって、とても可愛い人だったと知り驚きました。

それに歌がうまい!

80年代のアイドルっていうと「おニャン子クラブ」みたいに歌が下手くそな

イメージが強かったんですが、歌唱力も表現力もアイドル歌手とは思えないほどでした。

とても頭のいい人だったようで、色々な意味で興味深い人です。


天璋院篤姫に関しては以前、「大奥」で管野美穂さんがやっていましたね。

徳川13代将軍家定の正室です。和宮の姑としても知られています。

大奥で興味を持ったんですが、宮尾登美子の「天璋院篤姫」を読んで

さらに惹かれるようになりました。

私はもともと名前がにていることもあって(笑、和宮には興味があったんですが、

いかにも江戸城ではいじめられたという話が多いようです。

天璋院篤姫に関しても、意地悪なお婆さんだったかと思っていましたが、

和宮の姑になったとき、まだ20代の若さだったようです。

当時の高貴な女性たちなどは、情報も近臣から伝わってくるものばかりで

自由に動くこともままならなかったでしょう。

そうした中で、和宮との争いに耐えながら必死に大奥を切り盛りし

徳川家を守った女傑といえるでしょう。


さて、みなさんの「会いたい人」はどんな人ですか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログも衣替えしたんですね。
随分と感じが変わりましたね。
当分の間はこちらですか。
2006/06/09 6:05

>Miyokoさん
変えました。
以前、私は青のイメージだといわれたので、
青系のテーマにしようと思ったんですけど、
なかなか今の季節感に合うものがなかったんです。
迷ってこれに決めました。
2006/06/09 13:56

おひさしぶりのコメントです♪
私、岡田由希子さん大好きでした。
私が中学生の頃活躍していて
「あんなふうにカワイイ女性になりたいな~」
って憧れてました。歌も大好きでした。
ご両親が、歌手になる条件として出した
「学年トップの成績を取る」ということを
クリアして上京した、というのは有名な話です。
自殺のニュースを聞いた時のショックは
今でも忘れられません・・・。
生きていれば、きっともっとステキな女性になって
いい曲をたくさん歌ってくれたと思います。
亡くなってしまったから、彼女の本当の気持ちは
分からないままなんですよね・・・。
長々と語っちゃってゴメンねf^^;)

ちなみに、私が会いたい人は『伊能忠敬』です。
地図を見るのが大好きだから(笑)。
隠居してから測量の旅に出掛ける・・・なんて
どういう心境だったのか、話を聞いてみたいですね~。
2006/06/10 18:34

>kameさん
「学年トップの成績」はご両親は無理だと思って
課した条件だったようです。
とても頭のいい人だったんでしょうね。
絵を描くのも得意だったというようで、
才能にあふれた女の子だったみたいですね。
ちなみに、これもご両親が課した条件のひとつだった
志望校に入学する際、
「ものすごい美人が入学してくるぞ」という噂でもちきりだったらしいですよ。
本当に生きておられたら…と思うのですが、
きっと今は素敵なお母さんをしながら歌も歌っていたのかな…。

伊能忠敬がすごいのは、あの時代の技術で
今の地図とほとんど同じものを作ったことですよね。
これから高齢化社会へ進んでいく中で、リタイアしてから
偉業をなしとげた彼の生き方から、学ぶべきことは多いと思います。
2006/06/11 9:39

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。