FC2ブログ

ティーンは中性に憧れる

雑記
06 /03 2018

  ちょっと前の話‥‥というか、結構前の話になるのだけど、2016年に「前略プロフィール」がサービスを終了した時のこと。

多くの人にとって「黒歴史」だったというので、Twitterが賑わっていたのだが、「性別の欄を“中性”にしていたな。イタかったな‥‥」という書き込みがいくつか見られた。

わたしは前略プロフィールが全盛期だった頃はmixiにはまっていた時期で、同世代の人もmixiやってる人が多かった。

前略プロフィールにはまっていたのはもう少し下の世代だと思う。

具体的にいうと今30歳ぐらいの人からもう少し下の年代じゃないかな。

といいつつ、実はわたしも前略プロフィールにアカウントも作っていた。

性別を「中性」にしていたかどうかは覚えていないけれど。

「性別:中性」というのを「黒歴史」といってしまえるのも、まあおそらくシスジェンダーノンケの特権なわけであり、トランスジェンダーやXジェンダーの人にとっては「中性」の概念は重要なものだと思う。

その是非はともかくとして、ファッション的な感覚で「中性」を名乗るのが、00年代のティーンには流行っていたわけだ。

あまりこじつけるのもどうかと思うけど、2010年代の「LGBTブーム」の下地にもなっていたのかもしれない。

もっとも10代の子が中性的なものに惹かれるのは、多分昔からある傾向だと思う。

わたし自身も「中性」とか「両性具有」への憧れはあった。

将来太ったおっさんになるなんて、これっぽっちも思っていなかった。

黒歴史というか、もはや笑い話でしかないのだけど。

ところで00年代までのティーンって、ファッションでも何でも野暮ったさや痛々しさがつきものだったのだけれど、10年代のティーンは小綺麗に洗練されている印象がある。

取り立てておしゃれではない子でも、見るからにダサい子はあまりいないし、逸脱したファッションをしている子もあまりいない。

スマートフォンの普及で情報の量が格段に増えているだろうし、インスタグラムの影響か、自分を人に見せるのがうまい子が増えているな‥‥という感じがする。

悪いことではないけど、黒歴史がないってのも、何かそれはそれでさびしくないのかな?なんてことも思う。

スポンサーサイト

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。