ハイカットとジョガーパンツ

雑記
04 /14 2016


ジーンズの股上が、深くなってきている。
GUの目玉商品?の「マムジーンズ」は「お母さんが昔はいていたジーンズ」のことで、
ローライズがブームになる前の80~90年代っぽいデザインのジーンズをそう呼んでいるらしい。
2000年頃にローライズのジーンズが流行り始めてから、男女問わず若者が穿いているのはローライズだった。
ブーツカットやスキニーなど形は色々変わったけれど、基本的に股上は浅く、腰骨に引っかけるように穿くのが普通だった。
2007年頃にへそまであるジーンズが流行るといわれたこともあったけれど、ワンシーズンだけ、それもほとんど流行らずに終わった。
時期的に少し早かったんだろうな。
その頃はまだハイウエストのジーンズは、ファッションにあまり興味のないマダムなんかには現役のファッションで、
おしゃれ大好きな若い女性には抵抗があるものだったと思う。
それから10年近い時が経ち、「若者」も「世代交代」した。
今10代後半~20代前半ぐらいの子たちは物心ついた頃にはローライズのジーンズが巷に溢れているのを見てきた世代だ。
その子たちからすると、ローライズのジーンズを愛用していた30代こそ、「おじさんおばさん世代」であり、ローライズのジーンズは古くさいファッションに見えると思う。

もっとも、若者ファッションにジーンズが欠かせないアイテムっていうのも、ちょっと古い感覚のようで、
ジーパンよりジョガーパンツ(ジョギング用トレーニングパンツ。裾が絞ってある) を好む若者も多い。
よりスポーティーなアイテムが好まれる傾向にあるようだ。
実をいうとジョガーパンツにはちょっと抵抗もあって、ズボンの裾が絞ってあるのがどうしてもオシャレに見えなかった。
でもゲイナイトで若いゲイの子たちが穿いてるのや、いわゆるシャイニーなゲイのインスタグラムでも穿いてる人が写ってて、
若いオシャレなゲイは抵抗ないということがわかってきた。
若い子が受け入れてるファッションに抵抗があるのは、感性がおじさんになった証拠だ!という変な焦りもあり、ジョガーパンツを購入してみた。


※写真はイメージです。

結構悪くない!
意外と自分には似合ってる!
何より手持ちの服と合わせてみると、2~3年前に買った服でも新しく見えるし、自分自身も若返って見える。
というわけで今では結構お気に入りのアイテムになった。
うーん、購入の動機といい、購入後の感想といい、オババゲイそのものなのだけど。33歳、気になるお年頃なのだ。
ちなみにへそまでジーンズはさすがに購入する気にはなれなくて、もう少し世間に浸透してからにしたい。
だって‥‥ねぇ?中学生の頃穿いてたジーパンみたいで、どうしても‥‥。
流行といって、すぐに飛びつくことが出来る年齢でもないのだ。

「新しい流行」に抵抗ある人は、何もおじさんおばさんに限らず、若い世代にもいる。
新しいアイテムに対して否定的な人が、必ず口にするのは、「日本人には似合わない」。
ローライズが流行ったときは、「足の短い日本人には似合わない」だった。
そして今ハイカットのジーンズが流行り始めたら「お尻が大きく見えてスタイルよくない日本人には似合わない」という。
これだったら、そもそもジーパンは日本人には合わないってことになりそうだけど。
でも海外から直接買いつけるならまだしも、日本で買う洋服なんて、日本人向けにデザインし直されたものじゃん。
心配しなくても、足が短くてスタイル悪い日本人に合うようなアイテムが店頭に並ぶよ。

たかがファッションではあるけど、わたしは新しいものには敏感でありたいと思う。
保守的にはなりたくないんだよね。
だからこれからも、若作りを続けていくだろう。
スポンサーサイト

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。