帰還のあいさつ③紅葉とわたしと彼氏と

雑記
11 /23 2010
今月のはじめごろ、彼氏と岡山の湯原温泉と大山の紅葉めぐりに行ってきました。

assiyou

川べりの足湯に、ふたりでのんびりと浸かりました。
このあと、川べりの露天風呂(無料)にも入ってきましたが、
残念ながら写真はとれなかったので、写真はありません。

kouyou-in-yubara

温泉地の紅葉もすっかり赤く色づいていました。
温泉街の景色もなかなか風情があってよかったです。
地元の温泉街は、一歩うら道に入ると風俗街があるけれど、
ここはきちんと整備されていて、いい雰囲気の場所でした。

tewo-tsunai-de

ふたりで手もつなぎました。
足湯の写真を見ても思うのですが、彼氏の足は大きくて、わたしの足は小さい。
そして、彼氏の手はとても大きくて、わたしの手は小さい。
彼氏は背が高く、わたしは低い。
体重はなぜかわたしが重たい。苦笑

ま、それはおいておいて・・・・

彼氏の大きな足や、大きな手を見ていると、ふしぎな頼もしさやあたたかさを感じます。
特に、大きな手に包まれたとき、泣きたくなるぐらい優しい気持ちになれるのです。
世の中の、いろんなつらいこと、かなしいことから、守られているような。
こんな気持ちになるのは、はじめてです。

紅葉を見にいこうよう!

紅葉ドーロ

紅葉あざやか!!

例年以上の猛暑の恩恵らしいのですが、大山の紅葉はひときわ赤くあざやかに色づいていました。
まさしく、燃えるように、ふしぎな生命力を感じさせる艶やかさでした。

Naoのよろこぶ顔が、わたしには一番素敵だったけれど。
運転の道すがら、助手席のNaoの手を握ったり、たまにち○こ握ったり
やさしくて、楽しくて、おだやかで、あたたかい時間を過ごすことができました。

出会うまでのいきさつはいろいろあったけれど、本当の恋愛にそして本当のパートナーに
出会うことができた幸せに、わたしは感謝しなくてはいけない。

木々の紅葉は、寒い冬にそなえて、力をたくわえるためだといわれています。
わたしとNaoの人生も、いつも穏やかでいられるわけではないでしょう。
時には寒い冬がやってきて、時には灼熱の暑さに苦しむかもしれない。

でも、どんな厳しい季節があっても、春になったら芽吹く木々のように
愛を育て、花を咲かせ、実りのある人生を歩めるにちがいない。
わたしはそんなふうに考えています。

だからNao、これからも一緒に歩いていこう。
ゆっくりと、手を繋いで。
スポンサーサイト

帰還のあいさつ②わたしの誕生日

雑記
11 /11 2010
10月18日は、わたしの誕生日でした。
今回で28歳になりました。
このブログを始めた当初は、まだピチピチ(?)の22歳だったわけですが、
時の流れははやいもんだと実感させられますね。
ここまでやってこれたのも、飽きずにこのブログを見てくださる皆さまのおかげです。

誕生日の2日前から、彼氏の住む関西の方に行ってきました。

わたしがまず行きたかったのはですね・・・・

patiscream

「マーベラスクリーム」
今人気急上昇中のアイスクリームです。
関西地方のイオン系列のお店では出店しているところも多いようです。
何と!冷やした鉄板の上でアイスを調理してくれるんです。
フルーツやナッツを砕いて、アイスを混ぜ合わせてもりつけてくれるんですよ。

味はもちろん、最強に美味しかったです。

ところで、ここではイートイン用にその場でも作ってくれるのですが、
お土産用のカップアイスも販売しています。

それがですね、全国のTSUTAYAでも展開している「パティスクリーム」と全く同じなんです。
両方ちょっとリッチな感じのするアイスクリームですが、もしかしたら同じ系列の会社が出しているのかもしれません。
しかし、TSUTAYAでアイスを売るようになるとは・・・・・。
でも、マーベラスクリーム、もパテスクリームも、味は最高級です。

一度賞味してください!

その後関西空港の近くのジャスコに行ったり、関西空港を周ったり、様々な初体験をしました。
夜は近くの小さなホテルに泊まって、楽しい一夜を過ごせました。
ビジネスホテルなんだけど、ちょとラブホっぽい不思議なホテルでしたね。
やはり、ここも中国人が多い・・・・。

近所のショッピングセンターで色々買物をしましたが、坂道になっているエスカレーターなど、
地元にはないようなものがたくさんあっとおどろかされました。
ダイエー系列のお店でしたので、けっこう安く買えました。

お昼過ぎから、彼の地元で毎年恒例の「さかい祭り」をしていました。
パレードなどを見ることが出来て、本当にうれしい限りです。
小さい頃、彼(Nao)も参加したことがあるようです。
名物の「ふとん太鼓」が時間の都合で見られなかったのが残念。

素敵なパレードをたくさん見れてうれしかったです。

sakaimatsuri

sakaimatsuri2.jpg

やはり、戦国期にかけて、南蛮渡来の文化を積極的に取り入れていった人たちですよね。
教科書ではわからない歴史の側面を見た気がします。

関空に行って夜景を見たり、ホテルでショートケーキを食べたり、楽しく誕生日を迎えることが出来ました。

28歳のわたしを、どうぞヨロシク!!

帰還のあいさつ①彼氏の誕生日

雑記
11 /10 2010
気がつけば一ヶ月以上も更新していませんでした。
このブログの最長放置記録を更新・・・・って、そんなもの更新せんでよろしいわ!!
この間いろいろあったし、書きたいこともたくさんあったのに、
眠気と疲労に打ち勝てず、更新をサボってばかりなのでした。
執筆意欲がおちているというわけでもないんですが、体力的な問題と
ひとつにはPCのボロさ加減がじゃまをしているのかもしれません。

・・・・ま、そんなワケでここ数ヶ月のわたしの近況報告です。

9月の末がNao(彼氏)の誕生日でした。
彼氏のお誕生日を祝うのはこれが2回目です。
プレゼントは洋服をあげました。
ささやかですが、暖かいしかわいい服だと、Naoもよろこんでくれました。

10月のあたまに地元に来てくれたのですが、今回は少し遠方までドライブしました。
山陰地方の西部まであしを伸ばすことにしたのです。

takichoukirara

島根県大田市の「道の駅 きらら多伎」というところです。
とてもきれいな海岸がありました。
ちょうど「山陰」といういかにも日陰で陰気な地方という名前にも関らず、
こんなにも明るくキラキラとした海岸風景があるとは!
ウェディングベルのような鐘もあって、何とロマンチックな・・・・!と思ったのも束の間、
どうやら壊れててつかえないそうで。残念!

その後、さらに西へ西へと足をのばし、石見の浜田市にまで行きました。
同じ山陰地方とはいっても、石見(島根県西部)まで来たのは初めてです。
高速道路が社会実験のために無料でとおることができたので、運転は楽でした。

浜田市にある、畳ヶ浦というところにいきました。
hamada_tatamigaura

海岸に石畳のような岩がせり出しています。
昔にあった地震の活動で、地中にあった岩が出てきたようです。
波に浸食されてできた、不思議な形の岩がたくさんありました。
とちゅうから雨が降ってきたので、海岸にはわたしをNaoふたりきりでした。
雨で大変でしたが、貸切のビーチってのも何だか素敵ですね。

はじめての土地へ行くっていうのは、何かしらドキドキ感があるもんですけど、
同じ地方といっても鳥取西部と島根西部ではやはり景色も違うし、おそらく風土も違うのでしょう。
街中をドライブしていても、わたしの地元とは街の雰囲気が少し異なっていました。
また訪れてみたい魅力のある、島根県浜田市でした。

終始笑顔のたえない、楽しい旅行でした。
Naoにとっても、いい思い出になってくれたらうれしい。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。