朋、遠方にて結婚する③ 結婚式編

雑記
06 /30 2010
前回からの続き。

東京観光を楽しんだあと、Y子のとってくれたホテルで、Naoと一泊した。
なんとこのホテルはすごかった!
何がすごいといって、部屋にキッチンや洗濯機まで置いてあること!
さすが都会のホテル・・・・と思いつつ、ただ単にわたしがいつも安価なビジネスホテルしか
利用したことがなくて、こういうリッチめなところに泊まったことがない・・・・というだけのような気もする。

まあ、そんなホテルでリッチな一夜を過ごしつつ、当日お昼すぎから結婚式。
ホテルの近くの結婚式場で始まった。

wedingintokyo0528


泣くまい、泣くまいと思ってたんだよ・・・・。
でも、残念ながら号泣でした。苦笑

ウェディングドレスを見ただけで、涙が止まらなかった。

「あんた・・・・ちょっと・・・・きれいになっちゃって・・・・」
いちばんきれいで、いちばんかっこいい姿だった。

披露宴では、新郎新婦のそれぞれの生い立ちをスライドショーで紹介していたのだけど、
過去の彼女の写真を見て、ますます涙が止まらなくなった。
多分、会場であそこまで泣いていたのはわたしだけだと思う。苦笑

「もーう。泣くなって!お母さんか!?」
と新婦本人に言われてしまう始末。
うん、確かにお父さんかお母さんのごとく、感極まって泣いてましたよ。

NaoをY子に紹介できたこともうれしかった。
ちなみにY子は、わたしが以前つき合っていたバカ男とも面識がある。
バカ男と面識があるのに、Naoと会ったことがないというのは、
どうも私の中で納得いかなかったのだけど、今回本当に大切な彼を大切な友だちに
会わせることが出来て、よかった。

「ええ人やん!」
彼女に太鼓判を押してもらえて、わたしもNaoも満足だった。

実は、バカ男とつき合っていた頃、Y子には何度か「もう別れなよ」と忠告されたことがある。
もしかしたら、わたしよりバカ男の本質を見抜いていたのかもしれないのだが、
わたしは結局情がうつってバカ男と縁を切ることが出来なかった。

今回、少しだけNaoと話して、結婚式後に何度かメールもしたらしいのだけど、
Y子はNaoに対して、かなりの好印象なんだよね。

4月に結婚した、大親友のAちゃん(詳しくはこちら)とも、Naoは最近mixiで交流しているようなのだけど、
AちゃんもNaoに対してはかなり好印象なんだよね。
Naoは本当に人を惹きつける個性があるんだなあ・・・・と感心させられる。

次は、本当にNaoとわたしの結婚式だよな・・・・。
北米で結婚式をあげて、北米在住のAちゃんをはじめとした友だちに出席してもらおう。
日本ではどこで披露宴しようかなあ・・・・。
うーん、これが意外に悩ましい。
Naoの地元大阪と、わたしの地元では離れているし、友だちが集まりやすいのは
やはり大阪かな・・・・。でも、地元でもやりたいし・・・・とか、色々頭を抱えてるわけですよ。

でも、こんなことで悩んでいるのが、ちょっとだけ幸せなわたしなのです。
一生添い遂げたい相手がいることが、何よりの幸せだから。
スポンサーサイト

朋、遠方にて結婚する② 東京観光編

雑記
06 /27 2010
書こう書こうと思いつつ、ついつい書きそびれてはや数週間。
結婚式の当日から、なんと一ヶ月近く経ってしまった。

Y子の結婚式は、東京であったので彼氏ともども東京に行ってきたのだけど、
実は、わたしにとって東京は実質二回目の訪問だ。
一回目は2006年のマドンナ来日ツアーのときで、その時は満足に周れなかったのだけど、
今回は彼氏ともども色々なところを周ってきた。

わたしは、実は完全に無計画で来ていたので、観光のお膳立ては全てNao(彼氏)がやってくれた。
恐らく、彼氏がいなかったらわたしはどこにも行くことが出来なかったに違いない。
典型的B型のわたしには、典型的A型のNaoのような存在が必要だと実感した。
いや、そんなこと実感する前に、自分でちゃんと計画立てろよって話だけど。苦笑

実は今回、mixiのマイミクさんと「リアル」をすることになった。
東京在住で、Naoのマイミクさんだった人で、わたしともリンクしている人だ。
長年mixiをやっているけれど、実は「リアル」はこれが2回目なのでかなり緊張した。

マイミクさんは、浅草界隈に住んでいらっしゃる。
というわけで、あの有名な「雷門」の前で待ち合わせた。

雷門

テレビでは何度も見たことがあったけれど、実際に見るのはこれが初めて。
かなり感動しました。

マイミクさんに、下町を色々と案内してもらい、下町スウィーツをご馳走になった。

shitamachisweet
「梅むら」さん

creamanmitsu
マイミクさんおすすめの「クリームあんみつ」。
これがうまい!
甘党ではないわたしが食べても、おいしい!

本当に下町の、ごく普通のお店なのにこんなに美味しいものがあるなんて、
やっぱり東京は違うなあ・・・・と思った。
しつこくなく、甘くて美味しいクリームあんみつ。
みなさまも是非ご賞味あれ。

現在建設中の、「東京スカイツリー」も見てきました。
TokyoSkytree

まだ建設中とはいっても、デカい!
かなりデカい!本当にデカい!あまりにもデカい!
しつこいけど、デカい!笑
写真におさまりきらないぐらいデカいのですが、これ以上高くなるなんて信じられません。

これが完成すると、また一つ東京に観光名所が増えるわけだけど、下町界隈も雰囲気が変わってしまうのかな?
発展することや、新しいものが増えるのはとてもいいことなのだけど、
守りたいもの、大切にしたいものもある。
東京は、わたしのような田舎者にはとても手ごわい街である反面、下町の雰囲気は親しみやすく、
どこか懐かしくて、ほっとできる雰囲気があった。
浅草の雰囲気は、ずっと残し、伝えていって欲しいと思う。

マイミクさんと別れてからは、表参道の「KDDIデザインスタジオ」に行ってきた。
そこには、現在発売中のau携帯電話の実機がすべてならんでいる。
発表されたばかりの夏機種も出ていたので、ワクワクしつつ見てきた。

注目は何といっても、この6月に発売されたばかりのauスマートフォン。
一般的に話題になっているのは、「IS01」なのだけど
IS01.jpg

わたしが気になるのは、「IS02」のほうだ。
IS02①
IS02②

横スライドがなんといってもカッコいいもんね。
「IS01」の方は、携帯「電話」っていう感じがしないし、デザインもイマイチ好きになれない。
auのスマートフォンは秋以降発売される機種から本格的になるそうなので、
横スライドのカッコいい機種をたくさん出して欲しいと思う。

ちなみにこの時点(5月末)では、まだ発売されていなかったため、ここでしか見ることが出来なかった。
現在(6月末)ではすでに発売されているというのに、近くのショップには見本も何もない。
どうやら入荷していないお店が多いようだ。
まだ機種変更は考えていないけど、近くのお店の店頭でも手にとって見てみたいんだよなあ。

さて、長々と東京観光について書いたのだけど。
次回は本題の結婚式について書こうと思う。
今度こそ近日後悔を目指そう。

朋、遠方にて結婚する

雑記
06 /08 2010
先月の末に、友人の結婚式があったので東京まで行ってきた。
今年はまさに結婚式ラッシュで、4月のはじめに和歌山で結婚式があった。
4月に結婚した子と、今回結婚した友人Y子とわたしは、大学時代よく一緒に行動していた3人だった。
美女と野獣、というか美女とオカマというか、はた目から見てもユニークな3人組だったと思う。

たくさん話をして、たくさん笑って、たくさん泣いた。
彼女たち抜きにわたしの学生時代は語れないし、今わたしがいるのも彼女たちのおかげだ。
卒業後はそれぞれアメリカに、東京に、そしてわたしは地元へと帰ったので、
会う機会は少なくなったけれど、mixiやメールで連絡をとりつつ、今でも関係を続けている。

実は、本当の意味で「友達」といえる人が出来たのは彼女たちが初めてだった。
腹の底をわって話し合えるというのが友達だとするなら、それまでわたしには友達はいなかった。

それはわたしの性格によるところも大きいのだけれど、わたしがゲイだということも原因の一つだと思う。
というよりは、ゲイということを隠しながら友達になれるほど、わたしは器用ではないからだ。

ほんのささいなこと。
例えば、好きな芸能人について話すときなんかだ。
「好きなタイプ?椎名桔平とか、うじきつよしとか、最近は大森南朋も気になるな~」
と、言いたいのだけどノンケのふりをし続けている限り、それを言ったら変に思われる。
たいして好きでもないけど、「ほしのあきがいいな」と答えなければいけない。

ほんのささいなことかもしれない。
でも、そのほんのささいなことが日常に積み重なると、案外大きなストレスになる。
本音を言えないのは何だか心苦しいし、相手に対して申しわけなく思う。
不器用で誠実(?)なわたしには、それが出来なかった。
だから、中学も高校も友達がいなかった。

わたしが大学でカムアウトしたのは、ただ単に友達が欲しかったから。
自分から心をひらけば、相手もひらいてくれるという、単純な発想だった。
18歳の春、思い切った決断だったと思う。
結果的に、二人をはじめとした多くの友達に恵まれた。

ただ、今は経験と年齢を重ねて「自分が心をひらけば、相手もひらいてくれる」というのが、
必ずしもそうでないことはわかっている。
だからこそ、今ではカムアウトをする相手は慎重に選ぶようにしているのだけど。


・・・・と、まあわたしのカムアウトの話は置いておいて、Y子の結婚式の話。

実は、今回はわたしだけではなく、彼氏のNaoも一緒に招待してくれたのだ。
昨年Naoとつき合いはじめて以来、「早く紹介しなさいよ」と言ってくれていたのだけど、
なかなか紹介する機会に恵まれなかった。
招待状を送る段になって、「そうだ、彼氏も一緒に連れてきなさいよ」とY子がオファーしてくれた。
おそらく、いつまでたっても紹介しないわたしにしびれを切らしたにちがいない。

「えぇー!!僕なんかが参加してもいいの!?」とNaoは驚いていたけど、
せっかくのオファーなんだし、断るのももったいないと言って、一緒に行くことになった。

Y子自身に言ったら笑われそうなのだが、ゲイカップルのわたしたちがノンケカップルや
夫婦のように、結婚式に出るなんていうのは想像も出来ないことだと思っていた。
だから、男ふたりを招待してくれたY子には本当に感謝している。

わたしは前々から、「ゲイカップルがノンケカップルと同じように、堂々と出来ないのはおかしい」と
思っていたんだけど・・・・、いざノンケカップルみたいに扱われると驚いてしまった。
うーん・・・・いかんね。世間に負けてる。苦笑

何となく前置きが長くなってしまったけど、結婚式については次回書こうと思う。

今宵はここまでにしとうございます。

放置プレイ

雑記
06 /06 2010
何の気なしに放置していたら、いつの間にか一ヶ月も更新していませんでした。
以前はわりとまめに更新してたんだけど、昨年あたりからPCをひらく事自体がおっくうに
なったりで、更新が少なくなってしまいました。

本人はというと、まあ相変わらずの日常なのですが、それでも書きたいことはたくさんあって、
例えば彼氏とのことだったり、友だちの結婚式のことだったり、政治のことだったり、
色々と書きたいことや読んでもらいたいこともあるわけです。

ブログに疲れた・・・・というわけではないんですよね。

しいていうなら、Windows98にはいい加減疲れてるけど。笑
そんなん使ってたらそりゃ・・・・っていうか、それ使えるの!?って言われそうだけど、
いや、何とか使えるわけですよ。色々我慢したらね。苦笑

いい加減買い換えたいと思って、はや数年ですが肝心のときにお金がない。
最近はiPadとかスマートフォントか、わたしのPCより賢そうな携帯情報端末がありますね。
もう少しお金のほうが落ち着いたら、買いたいなあ・・・・と考えています。

どうせだったら、長く使った人向けの特典があったらいいのにな~。

・・・・と、久々の記事なわりに、どうでもいいような内容しか書けないKazuccineでありました。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。