お気楽主義なわたし

雑記
05 /06 2010
つい先日なのだけど、職場の社員さんにカムアウトした。
やめた人も含めたら、今の職場の人にはかれこれ6人の人にカムアウトしている。

学生時代にはけっこう公、というか隠さないでいたら何となく広まってしまったのだけど、
社会人になってからはこっそりカムアウトして、公にするというよりは「秘密の共有」を
しているという感じがする。

学生時代にオープンにしていたことに関して、当時を知る人からは
「偉いなあと思った」
「立派だなあって思った」
「尊敬してた」
と言われることもある。

これを言われると・・・・何ともいたたまれない気持ちになる。
実はね、わたしのカムアウトはお酒とノリによるもので、そんなに素晴らしいものではないのですよ。

いまだに、カムアウトネタになると「ゲイリブは云々」というわけのわからないコメントを
する人もいるんだけど、わたしみたいにいい加減で適当な人に何の反論を求めているのか。
わたしはご丁寧に返信しているのに、それに対する返信が一切ない。
何なんだろう?壁にむかって話しかけてるのかな?

わたしは別にゲイリブを意識してカムアウトしてるわけでもないし、
ただ単に気楽で正直に生きる手段だと思っている。
ゲイリブを意識している人も、ゲイリブに反感を持っている人も、
カムアウトを小難しく考えすぎている気がするんだよな。

単純に、「彼女は?」って訊かれたら
「女には興味ないのよ。誰かいい男いたら紹介してね」って言ったほうがすっきりしてていいじゃない。
しつこく女を紹介されると鬱陶しいけど、カムアウトすることによってそれがなくなる。
女の人とのセックスに関して、無知をさらしてもゲイってことがわかっていれば平気だ。
童貞かと思われるよりは、気分がいい。

そんなに立派でもなく、大志があるわけでもなく、悲壮の覚悟があったわけでもない。
そんなカムアウトはNGですか?

たぶん、わたしはゲイリブにとっても、アンチゲイリブにとってもNGなんだろう。
なぜかって?都合のいいカムアウトをして、楽しくやっているからだ。

ゲイリブにとっては、カムアウトは社会を変える壮大な意思を持ったもの。
アンチゲイリブにとっては、個人の生活を無視したハタメイワクな政治活動。

わたしにとってのカムアウトは、そのどちらでもない。

「したいようにすればいい」
それはわたしのワガママかもしれないけど、とりあえず誰にも迷惑をかけていない(と、思う)からいい。

ところで、今回カムアウトした社員さんは、以前から気づいていたという。
これにはわたしも驚いた。
職場のKくんが言いふらしているのだろうか!?
それともわたしの仕草や言葉から、ゲイっぽさを感じ取ってしまったのか!?

答えは、単純明快だった。
わたしの本名+Twitterで、Google検索すると、すぐにわたしのページが見つかるから。
プロフィールにはわたしの写真が載ってるし、自己紹介のところには
「○○県在住。20代後半ゲイ」と書いてある。

わたしは、Twitterに登録してからあまり意味がわからずほったらかしにしていたけれど、
こんなに簡単に検索してヒットするとは思わなかった。
ものすごいカムアウト!!ゲイ云々以前に、個人情報さらしすぎだろ!!

ネット時代だから、気をつけないといけないんだけどなあ。
「お気楽カムアウト」も、やりすぎはよくない。
スポンサーサイト

おばあちゃんのいない部屋

雑記
05 /03 2010
つい昨日まであった電動式ベッドがなくなった。
車いすもなくなった。
専用の茶わんも、湯呑みも、歯ブラシもない。

おばあちゃんは、もういない。
生まれてはじめての、一人ぐらしを始めた。
おばあちゃんのいた部屋には、おばあちゃんの使っていたものは何もない。

夜中のさけび声も、トイレにつれていくわずらわしさもない。
でも、心の中にぽっかりとあいた穴は何なんだろう?
おばあちゃんの「引越し」から2週間経った。
どうしているんだろう?大丈夫かな?さびしくはないかな?いやなめにあっていないかな。

何もなくなったおばあちゃんの部屋に、小さな箱が残されていた。
開けてみると、その中には何枚かのアルバム、写真、半紙や絵が入っていた。

家族や親戚と写った写真、町内旅行、知人や友人、デイサービスの人たちと撮った写真。
たくさんあった。どの顔も笑顔だった。
デイサービスで書いた習字の半紙、絵や折り紙、塗り絵、どれもこれも、一生懸命作ったんだろう。
几帳面で、器用なおばあちゃんらしい創作だった。

通所していたデイサービスの最終日、送迎の介護士の方に
「今日もありがとうございました」とニコニコと言っていた。
「ううん・・・・こちらこそ、本当にありがとう。元気でね・・・・」
涙ながらに、介護士さんは言ってくれた。

こんなに、人に好かれるおばあちゃんだもん・・・・新しいところでもやっていけるよね。
明日、会いに行こう。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。