ニューメガネ

雑記
11 /30 2008
3年ぶりにメガネを買いました。

メガネ

こんな感じです。

かけているのはもちろんわたしです。

ちょっとザーマスな感じがしますが、似合っているそうです。


わたしは視力が悪いのでいつもメガネをかけています。

いわゆるメガネ男子です。

メガネをかけ始めてかれこれ6年経ちます。

それまでは視力が悪いにもかかわらず、何とか裸眼で生活していましたが

今ではメガネなしに生活できません。


ところで、今の職場はメガネ男子だらけです。

メガネをかけていない人が少数派というぐらい。

このブログによく出てくるKくん、それとTくん、Bさん、みんなメガネ男子です。

なぜかメガネ男子=オタクボーイみたいなイメージがありますが、

全員オタクボーイではありません。

オタクボーイはむしろ視力がよいようです。

イメージというものはあてにならないという、いい例だと思います。


11月も終わりですね。

寒くなってきました。

雪が降りそうです。タイヤ替えなきゃ。

タイヤを替えなきゃ、と言い続けて一週間以上です。

明日こそ、替えよう。
スポンサーサイト

キニナル・ニオイ

雑記
11 /28 2008
gaylover

元彼がいまつき合っている男の子はひどいワキガらしい。

彼らいは今一緒に住んでいるので、かなり長い時間一緒にいるわけだけど、

頭がクラクラするぐらいひどいのでほとほと持て余しているそうだ。

そんなにひどいワキガだったら、本人に教えてあげた方が優しさだと思う。

恐らく元彼以外の人にもくさいって思われているわけで、陰で「あいつはくさい」と

言われている方が可哀想じゃないか。

そう元彼に伝えてみたところ、「そんなん言えない。傷ついたらどうするんだ」と答えが返ってきた。

何だかんだいって、元彼は彼氏くんのことが好きなんだなあと思った。


たしかに「くさい」って言われるのは傷つくものだ。

親しい間柄の人に言われると、すっごくきつい。

気を使って言われると、よけいに哀しい気持ちになる。

そうはいっても体臭って本人は気づかないものだし、やはり誰か教えてくれた方が

本人にとってもありがたいことだと思う。

実際、わたしも以前口臭がひどかった時、家族が教えてくれた。

歯磨きしたあとの歯ブラシのにおいがすさまじく、こりゃ治療しないとダメだと思った。

こんなくさい口でキスしたら、実る恋も実らない!

・・・・で、口臭は治ったんだけど、なぜか恋は実っていない。


「もうつき合って長いんだし、教えてあげてもいいと思うよ。

片想いしてる相手とかに言われたら傷つくけど、一緒に住んでるんでしょ?

家族みたいなもんじゃない」

そういって言ってみたものの、元彼は「うーん・・・・」という感じだった。

ちなみに、どうやら2人は最近セックスレスらしい。

うーん・・・・そういう状況だと、自分のワキガのせいで欲情しなくなったんじゃ・・・・

とか、彼氏くんが思ってしまうこともありうるな・・・・。

自分がくさいっていうこともショックだが、そのせいで好きな人に嫌われてたら

ショックはさらに大きいだろう。


なぜか元彼は彼氏くんの写真をしょっちゅうわたしに送ってくるのだけど、

たしかに小池徹平くん似のイケメンさんだ。

彼氏くん自身も自分のことを相当かわいいと思っているらしい。

そういう人だから、多分プライドもそれなりに高いんだろう。

わたしなんかが「くさい」と言われるよりもショックなのかもしれない。

そうはいってもね~、教えてあげた方がいいと思うけどな。


まあ、元彼の心配なんてしている場合ではないのだが。

SNSあれこれ

雑記
11 /26 2008
数年前にmixiが爆発的ブームになり、今ではコミュニケーションツールとして

定着した感もあるSNSですが、最近非常にうれしいSNSが出来ました。

Kazuccineの住む山陰地方のゲイ・レズビアンを対象にしたSNSです。

山陰gay&lesbian SNS
http://san-in-gay.so-netsns.jp/?m=portal&a=page_user_top


管理人の方は素敵な農業青年のようです。(会ったことないけど、そんな感じだと思う)

田舎暮しということは、ゲイにとって色々辛いこともありますが、

SNSを通じて楽しい交流が築けたらいいな~と思っています。

ただ、「ゲイ・レズビアンのSNS」なんだけれど、レズビアンの方が一人も

参加しておられないのが残念なところです・・・・。

参加人数がまだまだ少ないので、今後に期待したいと思う。


ちなみに、わたしはいくつかゲイオンリーのSNSに参加していますが、

基本的にゲイ、バイの男性を対象としているSNSなので

レズビアンの方やトランスジェンダーの方と交流することが出来ません。

mixiのマイミクさんや、このブログでリンクさせていただいているブロガーさんなど、

全く交流がないということもないんですが、ゲイ、ビアン、トランス、様々な方たちで

盛り上がれるSNSがあってもいいと思うんですよね。

・・・・というわけで、ついでにここも宣伝。

ブレクロ
https://breclo.so-netsns.jp/?m=pc&a=page_o_login&ssl_param=1


以前から参加していますが、幅広くLGBT全体に対応しているSNSです。

参加人数はそんなに多くないのですが、色々な方がおられるので楽しいです。


・・・・と、いうわけで今日は自分の入っているSNSの宣伝でした。

「山陰gay&Lesbian SNS」は現在登録制です。

「ブレクロ」は招待制ですが、管理人さんにメールしたら招待状をもらえます。

もちろん、わたしが招待状を送ってもけっこうですよ。

卑猥な人

雑記
11 /24 2008
manorwoman
先日職場のMさん(♀、同い年)と、どこでどうなったかわからないけど、

わたしがどちらかというと遅漏という話になった。

そしたら「え~じゃあ、あたしと試してみるぅ??」とMさんは言ったのだけど、

わたしは「いやいやいやいや!ダメですよぉ!!」と即答した。

Mさんによれば、そんなに即答されるのも傷つくらしいけど、

だからといって「じゃあ、お願いします」ってのもナシだと思う。

職場のKくん(ノンケ)にこの話をしたら、「え~やらせてもらえばいいじゃないですか」

ということだったけれど、ゲイとかノンケとかそういうの抜きにして職場でそういうのはありえない。

ちなみにKくんはMさんのことを憎からず思っているようで、

Mさんの裸を想像してオナニーしているらしい。

まあ、たしかにMさんはすごくグラマーだし、色っぽいし可愛い人なので

ノンケ男ならオカズにしたがるのもわかる気がする。

でもKくんのわけわかんないところは、そのことをMさんに伝えちゃったことだ。

「僕、Mさんの裸を想像して抜いてます」と。

MさんもMさんで、「ふぅ~ん、そうなんだぁ」ということだったらしい。

わたしは女性の心理がよくわからないけど、職場の男に「オナニーのオカズにしてます」なんて

言われたら不快に感じる人も少なからずいるんじゃないかなあ。。

下手したらセクハラで訴えられかねないけど、Mさんがそういうのを気にしないってことと、

KくんとMさんが割となかよしだから、セクハラにはならないんだろう。

場合によってセクハラになったらならなかったりするのが、セクハラの難しい点だ。

まあ、わたしが遅漏気味って話もかなりきわどいといえばきわどい。

わたしに対する「試してみるぅ?」も逆セクハラ的だと思うが、別に不快でもないしね。


ちなみに、以前も書いたけれどわたしは26年間生きてきて、女性に告白されたこととか、好意を持たれたことが一度もない。

別にゲイだから関係ないっちゃ関係ないが、それでも一度もないってのは少し淋しいもんだ。

Mさんの「試してみるぅ?」も、ただからかっただけだから、別にMさんがわたしに欲情したわけじゃないしね。

わたしは相当、女性に性的魅力を感じさせない男らしい。

いや、別にいいんだけどね。

でも、ゲイである以前に男だから、男として落第って言われてる気もするんだよな。


とりあえずKくんからも、Mさんからも「カズくんはエロい」と言われた。

エロいってことはセクシーってことか?と思ったけれど、そうではないという。

ようするに卑猥ということらしい。

しゃべり方、声、あと仕草や雰囲気とかも。

そんなわけのわからないエロスはいらんから、男らしい爽やかなセクシーさが欲しいと思う。


※ちなみにわたしは「遅漏気味」であって「遅漏」ではありません。

顔の好き好き

雑記
11 /21 2008
顔モードというのをやってみた。

わたしは俳優の田中圭くんに似ているらしい。

田中圭

うーん、多分「田中圭くんに似てます」なんて言ったらぶん殴られるね。

間違っても本人は、似てるなどと思ってません。悪しからず。


そういえば職場のKくんからは、「痩せたら韓流スターみたいですね」って言われたことがある。

韓流スター云々より「とにかく痩せろよ」というのが会話の主旨だったけれど、

一応顔立ちはそんなに悪くない・・・・ってことらしい。彼に言わせると。

そんなに悪くないといいつつ、そこまで良くもないらしいが

わたし自身まあ卑下するほど酷い顔だとも思ってない。

中高生の頃は自分の顔が嫌で仕方なかったけど、いつの頃からか

顔の欠点がそんなに気にならなくなってきた。

何年かに一回はかわいいって言われることもあるし、何だかんだいっても人間中身だしね。


田中圭くんにしても、あるいは韓流スターにしてもそうだけど、

とにかく薄い顔ってことだけは間違いなさそうだ。

ゲイの好みは千差万別だが、わりと薄い顔が好きって人もいるので

ノンケよりは需要があるのかもしれない。

っていうより「ゲイに捨て所なし」といわれるほど、とにかく色んな好みの人がいるので

多少ブサイクでも拾ってくれる人がいるのはゲイのお得な点だと思う。


ところで、最近うちの店の店長に言われたのだけど

わたしは三角形のナイトキャップをかぶって寝ているイメージらしい。

nightcap

わたしは一体何者だと思われているのだろうか・・・・

ホワイトムスク

雑記
11 /18 2008
ホワイトムスク
ボディショップのボディローションと、オード・トワレです。

両方ともホワイトムスク・イントリーグという匂いで、とても甘く濃厚なかおりがします。

わたしは香水はサッパリとしたさわやかなやつより、甘いかおりの方が好きです。

好き嫌いがわかれますが、プワゾンなんかが大好き。

仕事中はギュペ・シルクをつけてます。

これもバニラのような甘い濃厚なかおりがします。

ディオールのヒプノティックプワゾンに似てます。

もともとはそっちをつけていましたが、製造中止になってしまったので

ギュペ・シルクをつけるようになりました。


甘くて濃いかおりの香水はは首筋につけると匂いすぎてしまうので、

足にワンプッシュしてほのかに匂う程度にしています。


関係ないですが、以前好きだった男の子が「ブルガリブラック」という香水を

つけいたので、それ以来このにおいがするとすごく切なくなります。

これも、甘くて濃いめのかおりです。

夏はサッパリした香水をつける人も、寒くなると濃厚なかおりを好むようですが

この時期になると色んなところからにおってくるので、しょっちゅう切なくなります。

おまけにこの香水は若い男の子にとても人気なんですよね・・・・。

好きな人のにおいを思い出して切なくなるってのは、ちょっと色っぽいけど

あまりしょっちゅうだと何だか興ざめですね。


これとは少し違うけれど、学生時代はヴェルサーチの「レッドジーンズ」というのを使っていました。

これは柔軟材のかおりにすごく似ています。

「セーター洗うたんびにあんたのこと思い出すわ」というメールが友達からきました。

これはあまり色っぽくないな。

さようなら、ノストラダムス

雑記
11 /17 2008
sweet
早いもので、今年もあと一月半で終わろうとしている。

来年は2009年だけれど、っていうことは1999年から10年経つってわけだ。

そんなん当たり前だろうがって言われそうだけど、10年も経ってるっていうのが不思議な感覚だ。


1999年といったら「ノストラダムスの大予言」を思い起こす人も多いと思う。

1999年7月に人類は滅びると言われていたけど、結局何ごとも起こらず

人類は10年経ってもどうにか生きのびている。

1999年7月に何も起こらなかったので、「ノストラダムスの予言ははずれ」というのが

一般的な見解だと思っていたが、その後「例の予言は911テロのことだった」とか

様々な解釈がされているみたいなので、一概にはずれだともいえないらしい。

おまけに、その後マヤの予言だのジュセリーノさんだの、新たな予言も出てきているので

当分人類は安心できないみたいだ。

今のところ危ういのは、2012年らしい。

多分、2012年に何ごともなかったらなかったで、

また「20XX年に人類は滅亡する」っていう予言が出てくるに違いない。

こういう予言が好きな人とか、あるいはオカルト好きな人にとっては

「人類滅亡」って一種のロマンなんだろう。

2012年に何かが起きるのか、1999年と同じく何もないのか。

とにかく2012年にならないとわからない。


そういや、兄が高校の卒業文集で「もしも人類が滅びるなら」ってな内容の

作文だかポエムだか、ようわからんものを書いていた。

コテコテの理系の兄にしては、ずいぶん文学的だったので読んだ時は驚いた。

ユニークだなぁ~と思いつつ、クラスメイトにしてみれば卒業文集に

書くような内容じゃないだろ!と思っていたに違いない。

「好きな子を抱いて、愛し合ったまま世界の終末をむかえたい」

なんてことも書いていたっけな。

「抱く」「愛し合う」ということは、すなわちセックスのことだと

当時小学生のわたしでもピーンときた。

そして、兄は経験済みに違いないと確信した。

我ながら、嫌な弟だったと思う。


1999年7月、世間はすっかり冷めていたけれど

わたしは「人類は今月滅びるんだ」と、少しだけ信じていた。

当時16歳で、もちろん童貞だった。

「俺は結局童貞のまま死んでいくのかよ~」

そう思うと切なかった。

せめて、好きな人に告白してから終末の時を迎えよう・・・・と思い、

当時好きだったクラスメイトの男子に告白した。

当たり前だけど、ノンケと思しき彼には拒絶された。

幸か不幸か人類は滅びず、わたしの高校生活もそのまま続いていく。

残りの高校生活を通じて、彼とは一度も話していない。


幸い高校を卒業してから、めでたく初体験をすることが出来た。

「童貞のままでは死ねない」と思っていたけれど、童貞じゃなくなっても

「死んでもいい」とは思えないもんだなあ・・・・なんて思っていた。

セックスだけじゃなく、「これをやらずして死ねるか」ってことはたくさんあって、

セックスなんて実は取るに足らないことだとわかった。

まだまだ、死ぬまでにやり遂げたいことは腐るほどある。

2012年までに、それらを全部やり遂げることは不可能だろう。

そもそも、やりたいことを全部やって死んでいける人なんてそんなにいないのかもしれない。

すごく長生きして、天寿を全うすることが出来た人でも、

いくつかは「やり残したこと」があるに違いない。


人類滅亡がいつになるのかわからないけど、自分の人生は

あと数十年のうちに確実に終わる。

だからこそ、一つでもやりたいことをやらなきゃ。

「後悔のない人生」は無理でも、「少しでも後悔の少ない人生」にしたい。

若さは残酷(※年をとった開き直りではない)

雑記
11 /14 2008
このあいだテレビを見ていたら、「インターネットと青少年」みたいな内容の番組をやっていた。

最近の中高生には「3分ルール」というのがあるそうだ。

どういうものかっていうと、メールをしてから3分以内にメールを返さないと

「無視した」と見なされ、いじめの原因になったりするらしい。

多少誇張のような気もするけど、たしかにそう思っている中高生は多いんじゃないかなあ。

実際に高校で教えてた時は、メール返す返さないでケンカになったり、

仲間はずれに発展していたことがあったから。

主に女の子の間でだったけれど、男子にも少なからずあったように思う。

そういえば、あの頃教えてた子たちはみんな高校卒業しているわけだ・・・・。

月日の経つのは早いもの・・・・としみじみしちゃう。

思うんだけど、多分当時メール返す返さないでモメていた子たちも、

就職するなり進学するなりして、きっと「何であんなどうでもいいこと気にかけてたんだろう?」と

思っているに違いない。

高校を卒業したら、メールの返信よりしなきゃいけないことがたくさんあるし、

メールを返信せんでも、友情が壊れるわけじゃないってことぐらいわかる。

あんなことで悩んでいたなんて、わたしは何という時間の浪費をしてたんだろう?って思うはずだ。


ただ、メールの「3分ルール」に限らず中高生の友達関係なんて排他的で束縛が強いもんだ。

それについていけないというか、そういうのに馴染めない人は大抵クラスで孤立しちゃう。

多くの人は大人になるとそういう面倒くさい人づき合いをしなくなるし、

孤立していた人も実はそんなに「淋しい人」ではないってことに気づく。

しかし、大人になってもそんな友達関係にしか居場所を見つけられない人もいるみたいで、

ラーメン屋で一人で食べている女性を指して「や~、あの人一人だ。かわいそぉ~」なんて

聞こえよがしに言っている馬鹿女をこないだ目撃した。

直接わたしに言われた言葉ではなかったけれど、腹が立ったのでタバコの煙を

思いっきりそのテーブルの方に吹きかけてやった。

いい年して、ラーメン屋にも一人で入れん方がかっこ悪いわ。


多分言われた当人は、これっぽっちもそいつらのことを気にしてはいないと思う。

友達関係で孤立している人にも二つのパターンがあって、

「別に?一人の方が気楽でいいけど」っていうタイプと、本当は排他的な友達関係に

少し憧れつつ、入れないしついていけないっていうタイプがいる。

ラーメン屋に一人で来ていたその女性は、多分前者なんだろう。

そしてわたしは後者だった。

だからこそ、「一人ぃ?淋しいね~かわいそぉ~」には激しくイラっとさせられる。

イラっとくる時点で、いつも人と一緒じゃなきゃ何も出来ない人と本質的に同じかもしれない。

さすがに、いい年してそういう排他的で束縛の強い人間関係に入りたいとは思わないけど。


しかし思春期のそういう悩みを「バカバカしい」と思えるのも、必死で悩んでこそだと思う。

悩んでいる当事者に「そんなんで悩むなんて時間の浪費だよ」なんて言ったら

すさまじい反発を招いてしまう。

悩んでいる当事者にとっては、地球温暖化よりも財政赤字よりも深刻な問題なのだから。

そういう無駄なことで悩み、心身症にまでなっちゃう人もいて、思春期ってのは残酷だと思うが

そういう時期を経ないと大人になれないってことも残酷だと思う。

だからこそ、大人が遠くから近くから見守ってあげないといけないのだ。

カムアウトの壁

雑記
11 /11 2008
cat

学生時代にゲイだとカムアウトし、楽しい(?)ゲイライフを送っていたわたしだけど

卒業以来どの職場でも基本的にはカムアウトしていない。

「Kazuccineさんゲイでしょ?」って言われた場合だけ「Yes」と答えてみるものの、

話の流れによっては「以前つき合ってた女がいて・・・・」ってことも言っちゃう。

早い話、うそをついているわけだ。

出来る限りうそはつきたくないので、以前の恋愛について話をするときは

「前につき合ってたが・・・・」と、あえて性別をぼかした言い方をして

「わたしうそついてないも~ん」と勝手に納得しているのだけど

それを聞いている方は「Kazuccineさんの元彼女さんは・・・・」と認識しているわけで、

やっぱりこれはうそついていることには違いないんだろう。


学生時代にカムアウトして思ったことは、カムアウトなんて案外気楽でどうってことはない行為だってことだ。

大学という特殊な空間だったことも当然あるんだけど、抵抗なく受け入れてくれる人がほとんどだったし。

ただ、気楽に出来たのは新しい環境で、誰もわたしのことを知らない状況で

まず最初に「Kazuccineはゲイだ」という情報をインプットすることが出来たからだと思う。

ノンケで通っていた人が、いきなり「ゲイです」と言うことを考えたらやはり難しい。

あと、「みんなが抵抗がなかった」というのも、もしかしたら少し違うかもしれない。

抵抗ある人は、ただ単にわたしに近づかなかっただけ・・・・ってことも考えられる。


ノンケのふりをしていた人たちが、ゲイだとカムアウトすることは

「僕は今までうそをついていました」と告白することでもある。

これはけっこう辛い。

いや、うそをついてたっていうのは大袈裟かもしれないけど、受け取る側にとっては

やっぱし「騙されてたんだ」って気持ちがあるんじゃないかな。

よくゲイだと噂されている芸能人に対し、「もうバレバレなんだからカムアウトしちゃえばね~」って

いう意見も聞かれるんだけど、芸能人の場合さらに難しいんじゃないかな?って思う。

芸能人はイメージを売り物にしているわけだから、ノンケで通してた人がゲイだって

宣言したら一気にイメージが崩壊しちゃうのだ。


そんで、これ言っちゃいけないとは思うんだけど、こういう時に「バイセクシャル」ってのは

非常に「便利」だなあ~なんてゲイのわたしは考えちゃうわけだ。

「今まで女の子が好きって言ってたのもウソじゃない。男の子も好きっていうのは、言わなかっただけ」

という、エクスキューズも成り立っちゃうわけだから。

・・・・と、こんなこともゲイのわたしが抱く感覚であって、バイセクシャルの人に

とっては「そんなことないぞ!」って感じかもしれない。

「わかったようなこと言うな!」って言われちゃいそうだね。


わたしの場合非常によくないと思うのは、卒業後新しい環境でカムアウトしなかったことだ。

ゲイとして生きられる環境を作るチャンスが何度もあったのに、それを自分で潰しちゃったわけだし。

まあ、それを「社会的な圧力」のせいとするか、単にわたしが弱虫だっただけなのか、

理由はあれこれ考えられるかもしれないけど、一度はカムアウトしてる人間が

再びクローゼットに戻ってるのは、どうも情けない気がするのだ。

何をやらせても中途半端なゲイ・・・・。

スレ違うとき

雑記
11 /11 2008
kisskiss

つき合っていく上で、共通の趣味は必要か?っていうと

今までは「そうでもないんじゃない?」と思っていた。

でも、最近は「やっぱしある程度話が合わないときついよなあ」とも思う。

長らく彼氏おらんくせに、そんなん頭の中で考えてもしゃあないのだけど、

いないからこそあれこれ考えてしまうものかもしれない。


ただ、一番辛いのは興味の対象が重なっても、思考回路が完全に噛みあわないことだ。

これは話が合わない云々よりも、お互いにとって辛い。

同じ物を見ても、全く違う見え方をしてしまうのが虚しい。

白い固形物を指して「チーズだ」「豆腐だ」「芋ようかんだ」と

思うことはそれぞれ違うと思う。

でもその程度の違いは問題じゃない。

それを「プラスチック爆弾だ」と言う人がいたら、やはりその人とのコミュニケーションは難しい。

わたしも時々世間からズレているけれど、それでも修正可能なズレだと思う。

それがどの程度のズレかというと、白い固形物を「石鹸」って言う程度だ。


とにかく独自の価値観を持っている人は、とっつきにくい。

そういう価値観に触れると、相手がエイリアンみたいに見えてしまう。

相手のことが嫌いになれないなら、なおさら。

本当はいい人なのに。本当は素敵な人なのに。

わかっているようで、わからないという中途半端な感情が辛い。

ガソリン代と妄想

雑記
11 /08 2008
ガソリン代

いつの間にかガソリンがずいぶん安くなっている。

180円台という前代未聞の高騰っぷりがついこの間のことのようだ。

だいぶ安くなったことだし、ドライブデートしたいな~♪と思いつつ

かなしいかな相手がいないのよね。

少なくとも、これから寒くなるっていう時期に灯油が安くなることはいいこと。

一人暮らしのお年寄りなど、かなり助かるんじゃないかな?


あ~そういやスノータイヤにかえる時期も近づいてきた。

けっこう面倒な作業なのであまり好きじゃないんだよね。

手伝ってくれる人がいたらやる気にもなるんだけどなあ。

それが彼氏とかだったら最高なんだけど。

作業で汗に汚れたあと、一緒に温泉に行って汗を流したり。

なんて素敵な休日・・・・!と、妄想してみても肝心の彼氏はいない。苦笑

同性婚とアメリカについて思うこと

雑記
11 /07 2008
今年の5月15日に、カリフォルニア州の最高裁で同性婚が

合憲だとの判決が出て、大統領選ではバリー・オバマが勝利して、

アメリカ社会がリベラル化しつつあると思いきや

今度はそのカリフォルニア州で同性婚禁止しようっていう住民投票が可決された。

同性婚禁止が違憲だというなら、その憲法に同性婚禁止を盛り込んじゃえっていう提案だったそうだ。

すでにアリゾナ州やフロリダ州でも、同様の住民投票が行われていて可決されているらしい。


海の向こうのアメリカで、同性婚が認められようと拒絶されようと

日本に住んでいるわたしには関係のないことかもしれない。

でも、同じ世界で同性カップルが異性カップルと同じ権利を手にして

暖かい家庭を築いているっていうことは、少なからぬ安心とよろこびがあった。

そして今、この住民投票の結果に失望し、落胆している。

提案したジェフ・フリント事務局長という人は以下のように述べている。

「オバマ氏に圧倒的な支持が集まったこのカリフォルニア州でも、われわれの同性婚禁止のメッセージは明確に伝わった。同性婚が社会にどんな影響をもたらすか、住民が熟考した結果だ」。



一体社会にどう影響を及ぼすんだろうなあ。

いい影響があっても悪い影響なんてないと思うんだけれど。

でも、セクシー・サラこと共和党のペイリン副大統領候補みたいなクレイジー・クリスチャンが

出てきた瞬間、マケインの支持率がいっきにアップしたように

アメリカにはまだまだクレイジー・クリスチャンも、頑固な保守派もたくさんいるわけだ。


わたしの大親友で、このブログにも何回もコメントしてくれたAちゃんは

現在アメリカで結婚している。

旦那様はアメリカ人だけれど、彼は現在セクシャル・マイノリティの生徒のための

高校で先生をしている。

Aちゃんからその話を聞いたとき、何て素敵な学校があるんだろう!と思った。

やはりアメリカは進んでいるなあ・・・・とよろこんだけど・・・・

ただ、その高校が作られた背景には、深刻な差別があるということを知って

ちょっとだけ複雑な気分になってしまったのも事実だ。

一生懸命ゲイやトランスの子たちをを守ってくれる人たちがいるのは、すごく素晴らしいこと。

でも、そんな子どもたちが危険にさらされ、苦しめられている現実は哀しい。

学校の名前は、ゲイであるがために暗殺された政治家の名前をとっている。


今回の大統領選でも、あるいはこの住民投票の結果にも思ったことは

アメリカという国における、キリスト教の存在感というか影響力の大きさだった。

そのシンボルがセクシー・サラこと、サラ・ペイリンが副大統領候補になったことじゃないかな。

わたしは宗教は何を信じようと人の勝手だと思う。

クレイジー・クリスチャンだろうがナンミョー教徒だろうが、わたしのようなマドンナ狂徒だろうが、

何を信じて行動するかはその人それぞれの自由だ。

でも、セクシー・サラのようなクレイジー・クリスチャンが、いきすぎた行動を起こしているのは厄介な問題だと思う。

30年以上も前に合憲判決が出た中絶を、いまだに禁止しろって騒いでみたり

何十億という大金を使って同性婚禁止キャンペーンをやってみたり、

ジーザスの教えを守りたくて必死になっている。

不幸にして中絶せざるを得ない女性を犯罪者にしたり、暖かい家庭を築きたいと願う

同性カップルにその権利を与えないことが、ジーザスの教えを守ることかどうかはわからない。

しかし、クレイジー・クリスチャンたちはそう信じて、行動を起こし、政治まで動かしている。

その力は強くて大きい。


まあ、所詮はアメリカのこと。

よその国のことなんだけれど、やっぱり気になっちゃうんだよね。

オバマ政権下で、アメリカという国が「Change」してくれることを願う。

O-Boyたちと

雑記
11 /02 2008
crouching

職場のOくんに彼女が出来たそうだ。

Oくんは以前もこのブログに出てきたことがあるけど、

いわゆるオタク男子に属する。

数ヶ月前までは「彼女いない歴=年齢」だと公言していたものだが。


オタク男子っていってもそれぞれで、生身の彼女がいる人もいれば

生身の女の人には興味がなくて、アニメのキャラクターが彼女って人もいる。

そこらへんは人それぞれ違うんだけど、「三次元に興味を持ったら負けだ!」

って言っている人たちはやっぱり不思議に思えてきちゃう。

職場にはOくんの他にもオタク男子がいる。

仮にMくんとしておくけど、彼なんぞは「三次元なんて気持ち悪い!」らしい。

実写のアダルトビデオなんかは、「怖いもの見たさ」で見たことがあるそうだ。

「アニメ見てオナニーしてるのか?」という、ずいぶんと露骨な質問にも

平気で「ハイ」と答えていた。

Mくんに言わせると、生身の女の子は気持ち悪くて汚らしく見えるそうだ。


このブログを始めて以来、セクシャリティに関することは自分なりにいろいろ調べてきた。

単にホモセクシュアル、ヘテロセクシュアル、バイセクシュアルっていう以外にも

色んなセクシュアリティがあることも知った。

Mくんの場合、一応ヘテロセクシュアルにあたるんだろうけど、でも何か

他のごく一般的なヘテロセクシュアルに括っちゃうことに違和感があるなあ。

まあ、生身の女の子が気持ち悪いといいつつ、生身の男の子はもっと気持ち悪がるだろうけど。

近い将来、こういう二次元にしか性的欲求を抱かない人に対して

「○○セクシュアル」っていう呼び名がつくかもしれない。いや、もうついていたりして。


それにしても、二次元好きな人の「生身の人間は気持ち悪い。汚いし、くさい」という

言葉はどうも理解しがたいなあ。

まあ、人の感覚なんてそれぞれだから、何を思うおうとその人の勝手だ。

でも、わたしは汚かったりくさかったりするのが人間だし、だからこそ

人間は美しく、そしてあたたかいものだと思う。

セックスなんて間抜けな行為だし、必ずしも絵的にきれいなもんじゃないけど

そうじゃないと気持ちよくないし、伝わるものもない。

汚くて、くさくて、間抜けで、そして病気や妊娠の危険もつきまとう。

でも楽しくて、あたたかくて、うれしくて気持ちいい。

ただきれいなだけだったら、やはり物足りないだろうな。

・・・・・と、こんだけ書いたら「Kazuccineはどんだけ汚いセックスをしとるんだっ!?」なんて

思われそうだけれど、そこまで汚いことをしているわけではないので悪しからず。


ま、あOくんにしても、Mくんにしても本人がしあわせなのが一番だと思う。

Oくんには「彼女大事にするのよ」と言っておいた。

「ゴムは絶対に使うのよ」は蛇足だったかな。

ま、人のことよりも自分のことをちゃんとせい、って感じだけどね。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。