思い出の人

雑記
03 /31 2007
LOVERS


大学1年の頃、すごく好きだった男の子がいた。

二年浪人してから入った彼は、お兄さん的なキャラとして

男女問わず人気があった。

みんな大学に入った当初でうきうきしてた中で、

ちょっと落ち着いた雰囲気があった。

不思議なもんで、みんな浮かれ気分を楽しみつつも

やはりその空気に疲れることもあって、

一種の癒しみたいなものを彼に求めたのかもしれない。


わたしは大学入学と同時に何となくカムアウトしてしまった。

・・・・いや、っていうよりは慣れないお酒の勢いで何となく

口走っちゃったんだけど、それも入学当初のうきうき気分のせいだろう。

今思えば、素直に受け入れてくれた子もいるけど、どっちかっていうと

好奇の目線だけを向けてくるような人もいた。傷つくことも多かった。


でも彼だけは優しかった。

男の子たちにからかわれて、一人泣いている時に慰めてくれたのも彼だった。

恋愛慣れを全くしていないわたしにとって、恋に落ちるのはもう必定で、

たださすがに振り向かせるは無理だって思ってたから、

片想いで終わっちゃったんだけどね。

その後、長く付き合うことになる彼とも知り合って付き合い始めたんだけど、

正直彼氏よりも、その人のことが好きだった時期もある。


他に好きな人がいつつも、彼氏と付き合っちゃったのはどうかと思うんだけど、

叶わない恋を追っかけるよりも、とにかく誰かと付き合ってみたかったっていうのはある。

いくら好きでも相手がノンケだったらセックスは出来ない。

はやくバージンを捨てたかったのだ。

・・・・まあ、そんなきっかけでも5年も付き合うことになったんだから、

彼氏とは本当に相性がよかったんだと思う。


彼氏と付き合いだしても、相変わらずその人のことは好きだった。

でも、彼はだんだん学校に来なくなった。

アルバイトが忙しすぎたから。

わたしは彼に学校に来て欲しくて、一生懸命世話を焼いた。

頼まれてもいないのに、教授に彼のこと(出席日数や試験について)訊いてみたり、

学校に来ないときはわざわざ迎えに行ったりまでした。

彼は心底嫌そうだった。余計に学校に来なくなった。


今思えばとんでもないおせっかいだったと思うんだけど・・・・、

いや、当時から何となくそう感じてはいたんだけど、

どうしても彼には学校には来て欲しかったのだ。

学校で彼に会えなくなってしまうのが辛かったから。

結局わたしのエゴだったんだろう。


そのうち彼には電話を着信拒否されるようになった。

ショックでなじりたい気持ちはたくさんあったけど、

学校に来ない上に電話で話すことも出来ないので、

そのチャンスは絶たれてしまった。

知らない間に彼は大学を中退していた。


何だかなあ、今思えばああやって張り切って世話焼いたことで、

結局友達を一人失ってしまったわけだ。

見守ることも、本人の思うようにさせることも

友達に出来ることの一つだったのにね。


彼を傷つけたことも、わたしが傷ついたことも

もう取り返しはつかないことだけど、悔やむことしか出来ない。

彼との付き合いの中で学んだことは忘れてはいけないと思う。


ひとつだけ、入学したての頃のクラス旅行の帰りのバスで

彼に寄りかかって寝たことはちょっとうれしい思い出だ。






スポンサーサイト

セーラー服

雑記
03 /30 2007
つい先日ですが、大学時代の後輩がわたしの街に訪ねてきてくれました。

色々観光地を巡ったあと、時間をもてあましてデパートに入ったんですが、

そこに入っている制服屋の前で足がとまりました。

というのが、彼女はむこうで制服屋さんでアルバイトしているので、

どうしても気になってしまうということで


わたしもけっこう制服とかが好きなので、一緒に見ていました。

二十歳をこえた男女が制服着たマネキンを前におしゃべりしている様子は

もう変態カップル以外の何者にも見えなかったことでしょう


ちなみに、わたしはゲイのくせに何故かセーラー服が好きなんです。

いえ、別にセーラー服萌え~とか、ましてや着てみたいとかは

これっぽっちも思わないんですが、(本当ですよ!!!)

純粋に服のデザインとして好きなんですよね。可愛いと思う。


ひとつには、自分が通っていた高校のセーラー服が地元で

人気だったっていうこともあります。

制服


これはイメージ画像なんだけど、これと同じデザインなんです。

何のひねりもないごく普通っぽい制服なんだけど、逆にそれが

清楚でおしとやかな印象をかもしだしていると思います

ちなみに80年代には「セブンティーン」の「素敵な制服コンテスト」で

優勝したこともあるんですよ


バブルの頃から、チェックのスカートのブレザー制服が流行しましたが、

個人的にどうもあれが好きになれない。

似たような制服ばっかりで、かえって安っぽく感じます。

また、うちのような田舎の県ではああいう制服を取り入れているのが

偏差値の低い学校が多いんですよね。(こういういいかたも嫌なんだけど・・・・)

志願者を増やす目的で制服をモデルチェンジしたりしたみたいなんだけど、

かえってブレザーって着こなしが崩れたりして、一層服装の乱れが

目につくようになったなんて話もあります。


わりと古くからあるセーラー服の学校なんかは、その制服を大事に

しているんだけど、やっぱりその方がかっこいいんですよね。

制服は学ランとセーラー服に限るよなあ、と思う今日この頃でした。


それにしても、成人男子がセーラー服語っても変態扱いされないのは

ゲイの特権なのかな?(いや十分変態ですか?






桃の花

雑記
03 /27 2007
通勤途中に見つけました。

桃の花


桜はやっと開花宣言なんだけど、桃の花は満開みたいです。

小さい頃、庭には大きな桃の木がありました。

秋には美味しい実をつけてくれるんだけど、春にすごくきれいな

花を咲かせてくれるので、毎年楽しみにしていました。

残念ながらわたしが中学の時には枯れてしまったけれど。


これから色んな種類の花が咲いて、楽しい季節になってきますね。





泡風呂

雑記
03 /25 2007
わたしは普段お風呂にきっちり入るほうでもなく、

どちらかというとからすの行水な方です。

一人暮らしの時はシャワーですますことが大半でした。


でも、これは別にお風呂が嫌いってことじゃなくて、

温泉なんかに行ったら1時間でも2時間でもお風呂を楽しむ方なんですよ。

わたしだけじゃなくて、こういう人結構多いんじゃないでしょうか。

また、これも自分でも不思議なんだけど入浴剤を入れると

わりと長い時間お風呂に浸かります。

以前はかなり入浴剤にも凝ったりする方でした。

中でも好きだったのが泡風呂です。

bubblebath


なぜ泡風呂が好きかっていうと、やはりリッチな感じがするからでしょうね。

もちろん泡風呂のあとはバスローブを羽織ります。

古い洋画のイメージそのまんまですが、その瞬間だけリッチなセレブ気分

今考えると、ユニットバスで泡風呂とか相当滑稽ですがね

実家のお風呂はけっこうバスタブも大きいので(どっちかっていうと介護用ですが

ワンルームマンションのユニットバスよりはセレブ度は高い

ちなみに今使っている入浴剤がこれ
入浴剤


ココナッツの香が何とも甘ったるく、ちょっとセクシーな気分(爆)

でも上がったあとにふわっと甘い匂いが体から漂うのが

ちょっと好きだったりします。(書いててけっこう恥ずかしいな、これ)


まあ、だだっぴろ浴槽に泡風呂たててセレブ気分もよいのだけど、

本音は好きな子と一緒に入りたいよ~!とか思う今日この頃なのでした。






2万ヒットいってたんだ・・・・

お知らせ
03 /23 2007
カウンター見てみたら・・・・


ナナナナナ、何と!

2万ヒットいっているではあ~りませんか!!!


ここまでこれたのも皆さんのおかげです

ありがとうございます。そしてこれからもよろしく・・・・なんだけど、、、



何が気に入らないといって、

2万超えてから気付く自分が不甲斐ない


別にカウンターを気にしていないわけではなく、

キリのいい数が近づいてきたら「2万踏んだ人はご連絡を!!」とか

やりたいんですけど、何故か直前になると忘れてしまう

1万ヒットの時も同じくでしたね


ちなみに、以前は「○○ヒットしたあかつきには脱ぐぞ!!」等はた迷惑な

宣言をしていたのですが、残念ながら脱いだら迷惑以外の何ものでもないので

しばらく脱ぐことはなさそうです

まあ、それを目標にダイエットに励んでるけど、かなり短期間で挫折して

いるので、本当にいつのことになるやら・・・・(その方がよかったりして)


まあ、そんなアホ臭い話は放っておいて、昨年FC2に越してきて以来

ここまでやってこれたのも、読者の皆様のおかげです。

相変わらずダラダラと続けていきますが、これからもご贔屓に。







甘い時間

雑記
03 /21 2007
フレンチママ


酔いから覚めるのが怖い。

楽しい時間が終わってしまうのが怖い。


誕生日会が嫌だった。

花火を見るのも嫌だった。

どんなに楽しい時間であっても、終わった後の淋しさを思うと

素直に楽しめないような気がしたから。

楽しい時間がずっと続いたらいいのに。


一時の享楽が楽しいのは、現実を楽しんでいない証拠かな。


甘くて強いお酒を飲んで、倒れこむように眠りたい。

明日からがんばるから。

ちゃんと前を向いて歩いていくから。

今日は夢心地のまま眠らせてください。








過去のわたしに会いに

雑記
03 /19 2007
わたしには第二の故郷というべき場所があります。

それはわたしが大学時代をすごした街。

この週末、後輩たちの発表会があったので行くことになりました。


18才から22才までを過ごした街。

street


最初はひどく馴染めず、どちらかというと嫌いな街でした。

いつの間にか、好きでたまらなくなってしまったのだけど。

大学には県外から来た子たちが多かったんだけど、

みんな一様に「馴染めない」と最初は言っていました。

卒業してからはみんな大好きになっちゃったんだけどね。

そんな不思議な魅力というか、魔力みたいなものがある街です。



大学があったのは市の中心から離れた郊外でした。

あまり便利ではなく、どこか雑然としていて枯れた感じの

界隈なんだけど、今思うとそれがすごく味わい深い。
asakura


初めてここをくぐった時のことを思い出すと、何だか切なくなります。
entrance


部活に行く時に通ったこの道も。
univ street




友達が集まるとおしゃべりしてたこの広場も。
mainstreet



テストの時にこもっていた図書館も
library



全てが懐かしくて、いたるところに今よりも若いわたしがいるような気がしました。

他にもかつて住んでいたアパートや、よく通っていた小汚いラーメン屋さん、

色々回ってみたんだけど、全く変わっていない場所もあれば、

すっかり元の面影もないようなところもありました。

しかし、何よりそこにたむろしている人たちが若いこと・・・・

わたしもそんなに年は違わないはずなのに、18、19才(だと思しき)

子たちがたくさんいるとちょっと老け込んだ気分になりますね


夕方から後輩のダンスの発表会を見たけれど、がんばっている様子が

(ダメ)先輩としては非常にうれしいものがありました。

打ち上げにまで誘ってくれたりと、やさしい後輩に恵まれたわたしは幸せものです。


それにしても学生さんたちはみんなすごくイキイキとしていて、

かつてはわたしもあんな風だったんだなあ、とじわっとくるものがあり・・・・。


思い出の中に、あるいは後輩たちの姿を通して、過去の自分と出会えた旅でした。

ちなみに、どうやら来年度の講師採用の話はない見込みが強くなりました。

採用試験は今後も受けつづけようと思いますが、まずは生活の基盤を

しっかりさせるためにも、フルタイムの仕事を探そうと思っています。


夢は諦めたわけではありません。

これからもがんばるぞ!!






ぼけの花

雑記
03 /16 2007
ぼけの花


庭に咲いていたぼけの花です。

じわじわとだけど花も咲いてきて、春の訪れを感じさせますね

それにしても早いもので、3月も半分が終わってしまいました

Time goes by so quickly....






やった!

雑記
03 /15 2007
塾の生徒たち全員が高校に合格してくれました

正直一時はほぼ絶望視していたような子も、最後の最後に

ふんばりを見せてくれたので、奇跡的に(っていう言い方も失礼だよね)

合格してくれたんです。

みんな4月から楽しい高校生活を楽しんでね


それにしても塾とかによっても、お祝いの仕方は様々みたいで

同じビルに入ってる他の塾では若い先生が合格した生徒を胴上げしていました。

高校入試でそこまでするのってすごいなあ


それにしても、夏にはどっから手をつけたらいいのか

わからないような有様だった子でも、やる気をだしたら

ちゃんとそれ相応の結果は出せるもんなんですよね。


うーん、わたしもがんばらなくちゃなって思った次第です






確定申告

雑記
03 /14 2007
昨日やっとこさ確定申告をすませてきました

え、かなりギリギリじゃないの?って思う人もいると思いますが、

わたし本当にギリギリまで行動できない人なんです


まあ、もろもろのトラブルでなかなか源泉徴収票が来なかったり、

色々と手間取ったっていうのもあるんですけどね。

色々と面倒なものを想像していたんですけど、予想外に簡単でビックリ。

まあ経験しておいてよかったっていう感じです。


あらためて自分の「年収」を見てかなり淋しい気持ちになり、

定職につくことの大切さを再び実感してしまいます。

思い返せば教員やってた時の稼ぎはそれなりにあったんだなあ、と。

そりゃ決して高収入といえる額じゃないんだけど、昨年の年収の

3倍になるって計算すると、少ないともいえない。

今の苦い経験も、将来何かに役立てたいものです。






ついに買っちゃった~

マドンナ
03 /12 2007
待ちに待ったDVDが到着しました!!

The Confessions Tour



Madonna The Confessions Tour!!


昨年8月のロンドン公演の様子が収録されています。

やはり同じ公演を収録したCDと二枚組での発売です。


ライブDVDとはいっても、かなり映像的に編集されているので

ライブの臨場感そのままを伝えるっていうよりは

ライブのドキュメンタリー的な作品なんですが、

映像作品としてはかなりクオリティが高いといえます。


全世界で論争を巻き起こした「十字架磔」もちゃんと収録されています。

その他、かなりセンセーショナルな演出がたくさんありますが、

考えるべきところも、素直に楽しめるところもあり、

非常に濃い2時間になっていますね。


アリーナ席5万円のクオリティがわずか3500円!!

いかがですか???


マドンナ コンフェッションズ・ツアー・ライヴ マドンナ コンフェッションズ・ツアー・ライヴ
マドンナ (2007/03/07)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

3月の雪

雑記
03 /07 2007
春の雪


冬らしくない冬が終わって

暑いぐらいの春の日のあと

昨日今日と雪が降った


なごり雪っていうのかな


一応雪国であるこの地方にも

3月の雪はやはり少ない

一度だけ、4月に降ったことがある

6年前の4月1日のことだった

その年は3月の中旬になって大雪が降ったりもしたので

ずいぶん寒い春だったんだけど

4月にはいっての雪はちょっと異様な感じがした

ちょうどその日は大学進学のために地元を離れる日で

午前中には地元を出発しなくてはいけなかった

4月の雪なんて珍しい現象に出くわしたのに

それを楽しむ間もなく旅立つのが少しさびしかった

大学に合格した時は

新しい世界や新しい生活に対する期待感でいっぱいだったのに

初めて地元を去りたくないと思った


列車に乗った瞬間

その思いは頂点に達して

ほろほろと涙が出てきた

今までの旅とは違う

もう何ヶ月も帰って来れないのだ


まあそんな思いで旅立ったものの

山脈を越え、海を越え

南国の地に入ると、列車の窓から

明るい陽射しの中、すでに田植えの始まった田んぼを見えてきたりして

地元とは違う風景に心ときめいたりしたものだ


春の雪を見ると、一人になった日のことを思い出す

まだ18の自分のことが、何だかかわいらしくていとおしい






ブロガー失格

雑記
03 /05 2007
このブログにはある特徴があります。


それは何でしょう?


それは・・・・

続きを読む

男を好きな理由って?

性的な内容
03 /01 2007
はじめに

今回はいつになく性的な内容を含む記事になっています。

読む人によっては、かなり不快なものとなるかもしれません。

それでもよかったら「続きを読む」をクリックしてください。

一応まじめに書いてみたつもりです。

続きを読む

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。