ポルノに物申す

性的な内容
10 /29 2009
sexymanunderwear

わたしが実家暮らしということもあって、彼氏とゆっくりする時は大抵ラブホテルだ。
以前はラブホテルというと、何となくいかがわしい場所というか
セックスをするための場所って感じがしていたのだが、何回も利用していると
普通のビジネスホテルと変わらないと思うようになった。
2人で入ると安くあがるし、田舎だから車で入るところしかないので、誰とも顔を合わせないで済む。
大画面でテレビも見れるし、映画も見れる、お風呂は大きくてきれいだし、まさにいいこと尽くめだ。
何人かで旅行する時は、ビジネスホテルよりラブホテルを使った方がいいんじゃないかな。

ラブホテルのいいところかどうかはわからないけど、CSのアダルトチャンネルが
無料で見れるのもノンケ男子にとってはお得なところかもしれない。
普通のビジネスホテルだと、有料になっちゃうからね。
まあ、わたしや彼氏にとっては何のありがたみもないのだけれど、
ああいうのってたまにネタとして重宝する代物があるので、おもしろい。
チャンネルまわせば、おばあさんがセックスしているビデオが流れてて、
彼氏ともども「ぎょえぇぇぇぇ~~~!!」ってびっくりしたこともある。
っていうか、これに需要あるわけ!?って思ったのだけど、
需要があるからこそテレビで流れてるわけだし、アダルトビデオも発売されているわけだ。
ゲイ専門のアダルトチャンネルはないから、多分ゲイよりも需要があるのだろう。

おばあさんがセックスしているのもすごいけれど、それ以上に呆然としてしまうのが
セックスの合間合間にやってる妙な小芝居だ。
芝居というか、セックスの前段の「設定」というべきかもしれないが、
もううそ臭くてわざとらしくて、ついついゲラゲラ笑ってしまう。
そりゃ、こういうのを見てる人に演技力は期待されていないんだろうけどさ。
いい加減「AV女優」とか「AV男優」っていうのやめようよ。
演技していないんだから、女優でもなければ男優でもない。
ただカメラの前でセックスしているだけで、往年のロマンポルノの
女優さんや男優さんとは、全然違うよね。
下手に「女優」だなんて呼ぶから、芸能界へのステップになると勘違いして
AVに出る女の子が出てくるんじゃないのかな。

飯島愛は別格として、及川奈央や蒼井そらなんて、あれは芸能人じゃないと思う。
ただ単に、AV女優がテレビに出させてもらってるだけだ。
「女優」っていう肩書きがついているから、テレビ女優や映画女優のステップアップに
つながるような錯覚があるけど、セックスの合間の小芝居なんてドラマや映画の演技にはつながらない。
はや送りされて、ほとんど見られないところに演技指導までしないだろう。
ドラマや映画に出たいなら、俳優の養成所に入った方がよっぽど手っ取り早いはずだ。

ロマンポルノの女優さんや男優さんに演技派が多いのは、売れない役者だった
人たちが、生活費を稼ぐために出演していたからだと思う。
スタッフや監督も、一般映画出身の人たちだから、作品としてはいいものが出来ている。
AVは製作者も映画とは無縁の人たちだし、芸能界とは無縁だよなあ。

ただ、別にわたしはAVを非難したりしない。
AVは、あくまでオナニーするための道具であって、エンターテイメントじゃない。
それはゲイビデオだって同じこと。
本格的な演技が見たなら、一般映画を観ればいいだけだ。
演技のともなったエロスが観たければ、ロマンポルノを観ればいい。
ちなみに、ゲイピンク映画というのもあるらしいのだけど、いまだに観たことがない。

ん~、ただね「女優」とか「男優」ってつけて、あたかも芸能界の端くれみたいな
印象操作をするのがどうも気に入らないというか。
AVは芸能界っていうよりは、風俗産業に近い気がする。

まあ、下手くそな小芝居やって女優ごっこや俳優ごっこをするのもよいのだけど、
見ていて正直ムカッとくるのもあるんだよね。
こないだたまたま彼氏と見ていたのが、AV女優が男優のスカウトをするような
内容で、セックスの内容によって合格か不合格かを決めるような内容だった。
それ自体はよいのだけど、見ているとAV男優のテストっていうよりは
男性としてセックスの上手下手を判断されているようい見えてくるんだよね。

そんで、何にムカッときたのかっていうと、AV女優が出演している男の子(童貞という設定)が
射精するときにコンドームの中に出してしまったことに対して
「セックス自体はよかったけど、精子はお腹の上か顔に出そうね~。残念だったな」
と指導みたいなことをしていたのだ。
AV男優としては、お腹や顔に精子をかけるのがいいのかもしれないけど、
このシーンだけ見たら、セックスする時は、顔やお腹に出すのが「正解」みたいじゃないの。
女の子がそうされることを望んでいるような描写じゃないの。

別にさ、カタいことは言わないんだけど、こういうの見るとすごく嫌なんだよね。
こういうのを見て、これがまともなセックスだと勘違いする人がいると思うと、哀しくなる。
非常に個人的なことなのだが、わたしは顔に出されることほど嫌なことはない。
精液が嫌だとか、そういうことじゃなくて目に入るとしみるし、肌が弱いからかゆくなってくるんだよね。
大体かけられる方にとっては、精神的にも肉体的にも、何の満足も得られない。
誰が考えたんだか知らないけど、こんなセックスとっとと廃れて欲しいのよ。
女の方から望んでいるなんて描写なんてもってのほかだ。

悪影響があるから、ポルノ規制しろって考え方ではない。
ただ、ポルノを作る側も、もう少し考えて作ってほしいとは思うんだよね。
ポルノやゲームの影響で犯罪が増えるってのは極論だけど、
まったく影響がないと断言するのも間違いだと思う。
げんに、顔やお腹に射精するのが「普通のセックス」だと勘違いしている
ノンケ男もゲイ男も、非常に多いのよ。
幸いにして、うちの彼氏はそこらへんまともな感覚だけど。

それにしても、思いがけず過激な記事になっちゃった。
たまには、こういうのもいいかな。

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト

このブログ史上もっともお下品な記事かも

性的な内容
06 /03 2009
昨日の仕事中なのだが、同じフロアにいる職場のBさんに
お仕事を手伝ってもらった。
どういう作業だったかは説明が面倒なのではぶくのだが、
親切に嫌な顔ひとつせず手伝ってくれるBさんにふたたび惚れてしまった。
Bさんは本当に優しいなあ。

で、「優しいなあ」ですめば非常に爽やかでよろしいと思うのだが、
ここでエロスが登場してしまうのが「ため息の理由」クオリティというか
Kazuccineのクオリティというか。
Bさんにものすごく興奮してしまったというわけ。

何に興奮してしまったかというと、Bさんが作業の途中に
15センチのものさしを手にしていたから。

「は?ものさしに興奮?何のことだそりゃ?」って思われそうだけど
気になった人は「つづきを読む」をクリックして欲しい。

下品なのが苦手な人は。ぜっっっっっったいに読まないで欲しい。

続きを読む

愛は理解しあうこと

性的な内容
04 /27 2009
huuuuug


なかなかわたしの恋愛や性について、職場のKくんに理解してもらえない。

「男が好きなのが理解出来ない」ってことはないのだが、
わたしが今までしてきた恋愛やセックスに関することが
Kくんの感覚だとどうもおかしいらしい。

「正直理解に苦しみますよ。ちょっと軽蔑しました」
なんて一言も言われてしまった。
Kくんはかなりきつい。っていうかひどいことも言う。

じゃあ、彼がひどいやつなのかっていうと決してそうじゃなくて、
例えばわたしがため息をついていると、すぐに
「一体どうしたんですか?何かあったんですか?」って訊いてくれたり、
ドライブに誘ってくれたりする。
彼は本質的にはすごく優しい人だと思う。だからわたしは彼のことが大好きだ。

彼がどうしても理解出来ないのが、わたしが「よく知らない人」と簡単に
セックスしちゃうことらしい。
こんなん言ったらアレなんだけど、ゲイの中ではよく会ってその日のうちに
セックスして、ハイさようならなんてことはごく普通のことだ。

あ、言っとくけど「そんなことないぞ!」って思うゲイもたくさんいることは承知ですから。
つき合った人とじゃないとセックス出来ないって考えてるゲイも、たくさんいる。

でも、何だかんだ言ったってゲイのセックスに対するハードルは
ノンケのそれよりはるかに低いと思うのだ。
「ハッテンバ」なんてノンケの世界ではないだろう。
(あるかもしれんが、かなりマニアックな趣味の人向けじゃないかな)

わたしはハッテンバには行ったことないし、長い間元彼と
つき合っていたこともあって、セックス体験はそんなに多い方じゃない。
それでも、両手を使って数えれる人数ははるかに越えている。

そこらへん、ゲイに関して全く無知のノンケKくんには理解不能なのだ。

わたしに言わせれば、オッパブやヘルスに何回も行ったことあるKくんに
「軽蔑する」なんて一言は言われたくないのだが。
それにしても、ノンケ男って「風俗に何回も行った」ってことは平気で言うのに、
「セックスフレンドが何人もいた」なんてあんまし言わないよね。
Kくんに言わせれば、お金を払ってセックスする風俗と、遊びで誰かとセックスするのは
全然違うことだし、それだったら風俗の方がマシってことだそうだ。

ここらへんの感覚は、むしろわたしには理解出来ない。
ゲイの気持ちはゲイにしかわからない。
そして、ノンケの気持ちはノンケにしかわからないのかも。

ノンケ同士だって、男と女ってのはどうも理解しあえないらしい。

「男と女はいつまでも理解しあえない」
「人間同士、いつかきっと理解できる」

どっちも正解だと思うし、どっちも間違いでもある気がする。

ただ、「理解出来ない」で投げ出しちゃうのも、「理解できる」ってタカを括っちゃうのも
どちらも危険なことだろうなってのは思うのだ。
男と女、ゲイやノンケってくくりがなくても、そもそも他者を理解するのは難しい。
だからこそ、少しでも理解しあえたとき、すっごくうれしかったりもするわけだし。

だからこそ、わたしはKくんのことも理解したいし、わたしの気持ちも
理解して欲しいって強く願いつづけている。
大好きな人だからこそ、そう願うのだ。

それにしても、ゲイに関してはまったく知らないKくんだけれど
そのぶん本質をついた一言も言っちゃったりもする。

「Kazuccineさんは、結局『都合のいい相手』にしかなれないですよ」
この言葉はひどく堪えた。
だって、実際にそうだと思うから。

「相手は都合のいい人しか求めてないの、わかってるんでしょ?
わかってて関係してるんでしょ?それで好きになったとしても、
相手に好きになって欲しいなんておかしいと思いませんか?」
はい、おっしゃるとおりでございます。

こんなきついこと言われた日の夜、
「言い過ぎてごめんなさい」っていうメールがきた。
強気のKくんにしちゃ珍しい内容だったから、逆に心配になった。

「どうしたの?」って返信したら、
「『スマイル』ってドラマ見てたら、人に優しくしなきゃって思ったんです」
とのこと。
ドラマに感化されて、急に優しくなるとは!
あきれる反面、何だかKくんらしくて好きなんだよね。

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ

バージンブルース

性的な内容
12 /22 2008
この間は職場の忘年会だった。
このブログによく登場している、職場のKくん、Bさん、Tくんも参加していた。
わたしとBさんはハンドルキーパーだったので飲まなかったけど、
KくんとTくんの酔っ払い方はすさまじいものだった。

べろんべろんに酔っ払っているKくんをひざまくらしていたら、
Kくんはわたしの股間に顔を埋めてきて、ちんこを握ってきた。
変な話、触られ慣れている(?)場所なのに、ああいう風に触られるとすごく抵抗がある。

よく男が、痴漢されたり、セクハラされた女に対して
「触られて感じたんじゃないの?」とか言うことがあるけれど、
自分の意思はまったく無視され、身勝手に触られることの気持ち悪さは
されたことのある人じゃないとわからないんだろうな。

Kくんのことは憎からず思っている男好きなわたしだけれど、
やはりああいう触られ方をするのは不快感しかない。

まぁ、酒の席だから許してやるとしよう。(何か上から目線ないい方ね)

わたしにしたことはともかく、Kくんの酔っ払い方は目に余るものがあった。
なんとTくんが童貞であることを大声でばらしていたのだ。

「Tは童貞!Tは童貞!」
って、店じゅうに聞こえるぐらい大声で連呼していた。
さすがのTくんも少し哀しそうな顔をしていた。
それでも無理やり笑顔を作っていたけれど、それが何とも痛々しい。

忘年会には男だけじゃなく女もたくさん参加していた。
そういう席で暴露されるのは余計に辛かったと思う。

わたしは別に童貞っていうことが悪いことだとは思っていない。
でも22歳の男の子で童貞だと、変な目で見る人も少なからずいるんじゃないかな。
何より、本人がすごく気にしているだろう。
もともと仕事で失敗することが多く、みんなから疎まれているTくんだから
今回のことで余計に居心地が悪くなったんじゃないか、少し心配だった。

翌日の朝、「あれはちょっと酷かったんじゃない?」とKくんにメールしたら、
「えぇぇっ!俺そんなこと言ってたんですか??」と返ってきた。
どうやら覚えていなかったらしい。
KくんはTくんに謝ったようだけど、Tくんは
「いいですよ。気にしてません。一緒に飲めてうれしかったです」と言ったそうだ。

何だかんだいって、彼はいいやつだ。

ところで、処女や童貞を卒業するのって何歳ぐらいが普通なんだろう?
大学に入学した頃、周囲の子がほとんど初体験を済ませていてびっくりした。
わたしもそうだったけれど、処女、童貞だった子もその年の夏までには経験していたように思う。

だから、一般的には高校生ぐらいで初体験して、二十歳までに
ほぼみんなが済ませているという感じじゃないかな。
ちなみに、ゲイの場合ノンケに比べたら若干遅めな気がする。
ま、その後やりまくりって人が多いんだけどね。

ちなみにわたしの場合、童貞(処女というべき?)のときはセックスに対して憧れがあって、
何かものすごいことのような気がしていたけれど、いざ経験してみると
「何?こんなもんなの?」という感じだった。
あと「痛いだけじゃないか!!」とも思った。苦笑
それなりに気持ちよかったし、ドキドキもしたし、楽しかったけれど
中学生ぐらいから何年間も憧れつづけてきた割に、やはりたいしたことないってのが正直な感想だった。

こんなん経験しているぐらいで、人間の価値なんて決まらないと悟ったけれど、
やはり自分が童貞じゃないってことに対して安心感があったり、
矛盾している感情を抱えていたように思う。

みんなこんなもんじゃないかな。

すごく重要ってわけじゃないけど、やっぱり大事なのが初体験。

Tくんもはやく経験して欲しい。

エロ狂い

性的な内容
08 /09 2008
「君は本当にエロいな。狂ってるよ」

こないだ寝た男に言われた言葉だ。

「俺もけっこうエロいけどさ、君のは・・・・何ていうか、濃すぎだね」

あのねえ、わたしはきみのことが好きなんですよ。

激しく求めすぎちゃうのも、好きだからこそなんです。

きみにとっては遊びでセックスするだけの関係かもしれないけどさ。

それでもそばにいたいから、わたしはこの関係に甘んじているのですよ。

そう思いつつも、口に出すことが出来なかった。

重たいとか思われるの、いやだから。


それはともかく、わたしは病的なくらいセックスが好きだ。

もちろん人にもよる、相手によっては本当に淡白になれる。

乱交とかグループセックスには興味がないし、ハッテンバにも行ったことがない。

むしろゲイの中ではおとなしい方だ。

でも相手のことが少しでも好きになっちゃったら、本当に骨の髄までしゃぶり倒しちゃう。

おしゃべりしている間もセックスのことしか考えられなくなるし、

何時間でも何度でもセックスし続ける。

まあ、たいてい相手が嫌になったり、疲れて続けられないのだけど。

これがわたし流の「好き」であり、「愛情」だ。

その人の人格や内面は後から好きになる。

恐らく世間一般の感覚とも、ゲイの多数派の感覚ともずれていると思う。

わたしの恋愛はセックスが入り口だ。

骨の髄までしゃぶり倒したくなる、自分のすべてを捧げてしまいたくなる。

これがわたしの愛。まさにエロスとアガペー。


逆の場合もある。

セックスが下手な人は、関心をなくしてしまう。

それどころか、嫌な面ばかり目について人格や内面まで否定してしまう。

外見だけで人を判断するな、といわれるけれどわたしの場合、

セックスだけで人を判断するな、かもしれない。


「多分君はすごく純粋で、すごく真面目なんだろうな」

上の発言をした彼から、こんなことも言われた。

「純粋で、真面目で、だからこそ情念が濃い。濃すぎて狂ってる。

すぐベタベタと甘えてくるところ、以前はかわいいと思ってたけど今は少し怖いよ」

あーあ、引かれちゃってる。

もしかしたら、これから少しずつフェードアウトしていくかもな・・・.

「いっぺん遊び倒してみなよ。スカッと楽しくセックスできるようになるよ」

そうかなあ?うん、そうかもしれない。

でも、わたしだって遊びで楽しくセックスすることだって出来るんだよ。

そして、今はきみのことしか考えられないんだ。

狂ってるぐらい、きみのことが好きなんだよ。


こんなことをブログに書くのは、少し躊躇するものがあった。

長年ブログやってるけど、ここまで剥き出しの内容を書くのは初めて。

リアルでの知り合いも見ている人がいるし、やはり少し恥ずかしい。

それでも書きたいと思ったのは、彼の言葉が心の中で重たい意味を持ち始めているから。

なんていうか、今までは自分の恋愛がおかしいとか考えたこともなかった。

文章中の彼だけじゃない。

好きになったけど体だけの関係に終わってしまった人は他にもいる。

色んなゲイの人たちのブログを読んでいると、

「好きだからこそ、ちゃんと関係を築きたいからすぐにセックスしない」

という内容の文章をいたるところで目にする。

きっとそれが正しいのだろう。

わたしみたいにセックス主導で、そこから入っていく恋愛なんてうまくいきっこないのかもしれない。

純粋に遊びでセックスしたい人にとっては、重た過ぎるのだろう。


考え直さなきゃな。

上手く自分をコントロールして、ちゃんと関係を築けるようになろう。

失敗と年齢を重ねて、そこから学んでいかなきゃいけない。

それが幸せへの第一歩だ。

アタイは高いよ

性的な内容
07 /25 2008
夜中に元同僚のSくんから電話がはいる。

「今カラオケしてるんすよ~!Kazuccineさんも来~い!」

あらら、酔ってるのね。

彼は先月うちの店を辞めた。

わたしはその時風呂上がりのビールを一杯やってたので、運転が出来ない。

「悪いけどまた誘ってよ」

「なーにおぅ!てめェ今来なかったらどうなるか○×÷△□☆~」

いけんわ、こりゃ。悪酔いしてるな。

「Sくん困らせないでよ。今日は無理なの」

「Kazuccineさん、今来たらオレのちんこしゃぶらしてやる~!」

???

何を言っとるんだ?こいつは?

「オレのちんこは黒いぞ~だから○×÷△□☆~!」

と、絶叫してブチっと電話は切れた。

何て酔っ払い。

Sくん、礼儀正しい人だと思ってたのに、あんまりだわ。

ちなみに彼にカムアウトはしていない。

彼の中でわたしはノンケのはずだ。

ちなみに彼もノンケ‥‥だと思う。(以前彼女おるって言ってたし)

しかしノンケ男がノンケ男に「ちんこしゃぶれ」って言うのかね?

いくら酔っているとはいえ。

他の男なら、

「失礼な!そんなに物欲しそうにしとらんわ!」

と思うところだが、多少彼を憎からず思っていたこともあり、

妙に淡い期待を抱いてしまったではないか。

しかしもしかしたらわたしのこういう気持ちが、微妙に彼には伝わってたのかも。

関係ないんだけど、学生時代カムアウトした時、一部の男の子から

「フェラチオさせてやるぞ」

「しゃぶらせてやろうか、ヒヒヒ」

みたいなからかいを受けたことがある。

別にあんたのなんかしゃぶりたくもないわ!と思ったが、何で「しゃぶらせてやる」なのかな?

「しゃぶってくれ」と言うならわからんでもないが。

好きな人から、サディスティックな言われ方したらちょっとドキドキしそうだが、

好きでもなんでもない(むしろキライ)やつから言われても、腹が立つだけ。

そういや、「俺のことは狙わんといてくれよ~」って言うやつもたっくさんいた。

あほか。誰がお前なんぞ狙うか。

ノンケ男は自意識過剰が多いらしい。

ちなみにSくんにこれを言われたら、まんざらでもないと思っちゃうのも事実だ。

乙女心はフクザツなり。

ちなみに翌日メールをしてみる。

昨夜のことは覚えていない、とのこと。

淡い期待、撃沈。

タチとネコ

性的な内容
09 /17 2007
finger


ノンケの友達に質問されて困る質問がこれ。

「Kazuccineは男役?やっぱり女役?」

この質問にはいい加減うんざりしてくる。

そもそも、恋愛には男と女がいて成り立つっていう大前提が

あってこそ、こういう疑問も抱くんだろうなあ。

男同士の恋愛に男役も女役もあるかよ。

大体、なんで「やっぱり女役」なんだよ。チクショーめ。

わたしはいちいち噛み付いても仕方ないと思いつつも、

それも誤った考え方は直して欲しいので素直に、

「宝塚じゃないからね。男役とか女役とかないんだよ。

 二人とも男でお互い男が好きだから、両方が男役です」


と、まあ思うことを伝えている。ちょっと皮肉にも受け取られそうだけど。


そういいつつも、この男役女役ってのが、恋愛の力関係というよりは、

露骨にセックスのポジション(って、いう言い方もノンケさんたちには不思議だろうが)

について聞いてきていることもあるわけだ。

下世話だのうと思いつつも、確かにノンケの皆さんにとっては関心が高い

ところなんじゃないかって思う。


続きを読む

好きだったんだ

性的な内容
08 /29 2007
waking


もうじき「あの子」の誕生日がやってくる。

そっか、今年で22歳になるんだな・・・・。

「あの子」は昨年の今ごろ大好きだった男の子のことだ。

彼と別れてまだ数ヶ月しか経っていなかった時期、

妙に人恋しい頃に出会ったからだろうか。

あるいは彼がすごくカッコいい男の子だったから、かもしれない。

とにかくわたしは彼のことが大好きになった。


何度も約束はすっぽかされた。

「付き合うことに興味はない」っていう彼の言葉は聞いていた。

だから彼との未来は思い描けなかった。

当時(はからずも今もそうなってしまったけど)無職だったわたしにはなおさらで。

でも未来なんてなくったって、好きだって気持ちは止められなかった。

「好きだ」の一言は言っちゃいけない・・・・。

そうやって自分の気持ちにセーブをかけて、ただ会うことを望んでいた。


たったの二回。

彼と会うことが出来たのはそれだけ。

そしてそれっきり・・・・。

続きを読む

・・・・でも怖い

性的な内容
05 /15 2007
LOVERS


友達がエイズ検査を受けてきた。

結果は幸いにして陰性。

彼女自身も多分大丈夫だろう・・・・っていう気持ちはあったけど、

やはり怖かったようだ。

「多分大丈夫だろう」っていうのは、別に漠然とそう思っていたわけじゃない。

彼女はバカではないから、「自分だけは大丈夫」なんて気持ちはなかったはず。

セーファーセックスを心がけていた、という裏づけがあってこそ。

それでも怖かったらしい。

もちろん100%なんてことはありえないんだけど、やはりセックスを経験した人なら

どんなに自分自身が気をつけていても、相手が信頼できる人であっても、

感染の可能性はいつもつきまとってくるわけだ。

「思い当たる節」なんてものがなくても、感染の恐怖はすぐお隣にある。

続きを読む

男を好きな理由って?

性的な内容
03 /01 2007
はじめに

今回はいつになく性的な内容を含む記事になっています。

読む人によっては、かなり不快なものとなるかもしれません。

それでもよかったら「続きを読む」をクリックしてください。

一応まじめに書いてみたつもりです。

続きを読む

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。