雨音を聴きながら

ポエム
10 /06 2006
普段は寝つきがいいはずのわたしが

眠れない夜もある


upstair



久しぶりに君からメールがきた

「職場変わったんですよ。土日勤務もなくなりそうです。また遊べますね。」


あ、じゃあまた会えるんだ。

うれしかった。

会いたくて、会いたくて仕方なかったから。


でも、少しだけ切なくなったんだ。

だって、君のこと何も知らない自分に気付いたから。

君の今までの職場も、新しい職場のことも何一つ知らない。


君の名前も。


いつまでも下の名前しか知らない。


でも聞けない。

本当は知りたいのに。


続きを読む

スポンサーサイト

憮然

ポエム
08 /20 2006
ほんのちょっとだけ

ちょっとだけ幸せな瞬間があったから

がっかりするなんておこがましい

そんな気さえするんだよ


メールの文で一喜一憂

ガッツポーズしたり

泣きそうになったり



そんな自分がおかしくて

まだまだ若いねえ

なんて言ってみる

自分にむかって

偉そうにも







続きを読む

それぞれの人生

ポエム
08 /16 2006
夜景を見ているとね

なんだか涙が出てきたの


「感動した?きれいだからね。」


うん

それもあるかもしれない

でも想像してみて

あの数多の光の中に

それぞれの人生があるっていうこと


あの光の中に

一つ一つの涙があって

笑顔があって

そして割り切れない想いや

大きな野望を秘めている人がいる


車のヘッドライトにはね

それぞれ免許をとるいきさつが見えるんだ

みんな一度は教習所で教官に怒られたんだろう

みんな試験場でランプついた時は大喜びしたんだろう


光の中にね

無数の人生があって

光の数だけ

色々な生き様があって

それだけなのに

それだけことに

涙がこぼれて仕方がないの




和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。